2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    サードパーティー製Twitterアプリ障害はTwitterが意図したものとの報道

    Twitter error 0113_iM_2

    Twitter error 0113_iM_2
     
    先日から続いているサードパーティー製Twitterアプリによるアクセス障害は、Twitter(Twitter社)が意図的に行ったものとの内部情報を入手したと、The Informationが伝えました。

    Twitterが意図的に遮断との報道

    The Informationが確認したとする、Twitter社内でSlackを使って交わされたメッセージには、サードパーティ製ーTwitterアプリからのアクセスを遮断しているのは同社が意図的に行っていることが記されているとのことです。
     
    同社内では、サードパーティー製Twitterアプリからのアクセス承認条件について検討されているようですが、それがいつ明示されるのかは不明とのことです。
     
    今回の障害についてThe Informationは、サードパーティー製Twitterアプリの利用広告収入に貢献しないことを理由として、Twitterが利用できないようにしている可能性があると述べています。
     
    同メディアは、これはイーロン・マスク氏による買収後、Twitterの広告収入が大幅に減少していることに関連していると推察しています。
     
    9to5Googleは今回のThe Informationの報道を受け、サードパーティー製Twitterアプリが利用可能になるかどうかは、Twitterのマネタイズ方針が明らかになった後、各アプリがそれを受け入れるか次第になると予想しています。

    Tweetbotはメッセージを表示

    現在発生している障害についてTweetbotは、アプリ画面に下記のメッセージを表示しています。
     
    明日月曜日に、Twitterから何らかのアナウンスがなされるか注目されます。
     

    2023年1月12日午後7時30分(太平洋標準時、日本時間では1月13日午後0時30分)に、Tweetbotを含む多くのサードパーティー製アプリからのTwitterへのアクセスが停止されています。
     
    詳細についてTwitterに問い合わせましたが、返答はありません。

     
    Tweetbot message
     
     
    Source:The Information via 9to5Google
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次