2023年1月14日 12時25分

読了まで 225

Twitterの不具合、サードパーティーアプリ企業も原因確認できず〜公式は沈黙

Twitter error 0113_iM_2


 
昨日午後からサードパーティー製Twitterアプリで発生している不具合(障害)について、The Vergeが、Tweetbotなど開発者のコメントを紹介しています。

Tweetbotの共同制作者が推察

Tweetbotの共同制作者であるポール・ハダド氏はMastodonへの投稿で、「障害発生から24時間経過したが、側からの公式および非公式のアナウンスは何もなく、我々もあなた方と同じで原因はわからない」と述べています。
 
アプリの開発者やユーザー間、また海外メディアではこのが、サードパーティー製Twitterアプリを排除するための動きではないかとの憶測も流れていますが、それも推測であり、確認されたものではありません。
 
しかしながらハダド氏は、この状況はTwitter(Twitter社)が意図的に行っていることを前提に今後の対処を考えると述べています。
 

収益化に貢献しないサードパーティー製Twitterアプリを排除?

The Vergeは、Twitterは現在、Twitter Blueに力を入れるなど必死に収益化しようとしている中で、サードパーティー製Twitterアプリは広告を表示しないため、同社に貢献しないと考えられている可能性を指摘しています。
 
これらの推察から、この不具合は簡単には解消されず、長引くことが懸念されます。
 
公式アプリではタイムライン表示を行うのが面倒な点に関し、ユーザーの間ではTwitterの公式アプリケーションであるTweetDeckをひとまず用いる動きもでています。
 
The Vergeは、版Fenixなど動作しているアプリもあることを紹介しています。
 


 


 
 
 
Source:The Verge,TweetDeckについて/Twitter
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる