2022年12月14日 22時05分

読了まで 23

Pegatron、iPhone14 Pro組立受注のため採用と投資を加速

Pegatron


 
サプライヤーのは、現在はFoxconnが単独受注している Proシリーズの組み立てを受注するため、上海工場での採用を積極的に行うとともに、インドネシア・バタム島で新たに工場をリース、生産能力拡大を進めていると、台湾メディア工商時報が伝えています。

来年1月からPegatronもiPhone14 Proを生産?

Appleはこれまでシリーズについては、すべての製造をFoxconnに発注してきました。
 
しかしiPhone14 Proシリーズの生産を担うFoxconnの鄭州工場で、新型コロナウイルス感染症への対策に端を発する問題が続出同シリーズの生産台数は大幅に減少しました。
 
こうした状況を受け、AppleはiPhone14 Proシリーズの組み立てを、2023年1月からはPegatronにも発注するとChina Timesが11月に報じました。

上海工場で増員、インドネシアでは新たに工場建物を賃貸契約

PegatronはiPhone14 Plusの製造を担当していますが、同モデルは販売が低迷しており、受注台数も当初の予想を下回っているとみられています。
 
工商時報によると、PegatronはiPhone14 Proシリーズの組み立てを受注するため、上海工場においてこれまでの最高額となる6,000元(約11万6,500円)の特別ボーナスを提示、新たな工場従業員を募っているとのことです。
 
Pegatronは2019年より、インドネシア・バタム島においてApple製品の組み立てを行っていますが、iPhone14 Proシリーズの組み立て受注のため、新たに同地において工場建物の9年間の賃貸契約を結んだと、工商時報は伝えています。

 
 
Source:工商時報
Photo:Pegatron
(lunatic)

 
 

カテゴリ : iPhone14 Pro, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる