Samsung、4nmプロセスの改良を断念か〜TSMCが値上げ交渉で優位に?

iPhone14 Pro A16 AC 1200

iPhone14 Pro A16 AC 1200
 
中国メディアiMediaが、Samsungは素性の悪い4nmプロセスの改良を断念した可能性が高く、TSMCの技術的優位性と交渉力が増していると伝えています。

QualcommもTSMCへ移行

iMediaはSamsungの4nmプロセスで製造されたシステム・オン・チップ(SoC)の消費電力が高く発熱が大きいことから、同チップを採用したスマホメーカーは動作周波数を抑えるなど対応に苦慮してきたと述べています。
 
同メディアはその証拠として、QualcommはSnapdragon 8+ Gen 1で製造委託先をTSMCに変更、後継チップのSnapdragon 8 Gen 2もやはりTSMCで製造されていることを挙げています。
 
消費電力の高さと発熱問題は自社製品にも影響、SamsungExynos 2300を4nmプロセスで製造することを断念し、世代の古い5nmプロセスで行うことになったとiMediaは推察しています。

TSMCが値上げ交渉を優位に進める材料に

Samsungに対するTSMCの技術的優位性が認められたことは、必ずしも良いことばかりではないとiMediaは指摘しています。
 
iPhone14 Proシリーズ用A16 Bionicだけではなく、Qualcomm、AMD、NVIDIAのチップを製造するTSMCは、受注獲得に関してSamsungと競合する可能性が低くなったことで、価格交渉を優位に進めています。
 
結果、TSMCは顧客の流出を心配することなく交渉し、値上げを認めさせたとiMediaは伝えています。
 
 
Source:iMedia
Photo:Apple Cycle(@theapplecycle)/Twitter
(FT729)
 
 

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次