VirtualBox 7が正式リリース〜M1/M2チップは開発者向けサポート

    Virtualbox 7の画像

    Virtualbox 7の画像
     
    無料で利用できる仮想PCソフトの定番、VirtualBoxの最新版である「VirtualBox 7」が正式にリリースされました。
     
    M1/M2チップなどのAppleシリコン搭載Macも開発者プレビュー版ながらサポートされています。

    Windows 11の最小システム要件を満たせるように

    VirtualBox 7ではSecureBootやTPM 1.2/2.0といったセキュリティ関連機能のサポートが強化されました。
     
    これによりWindows 11の最小システム要件を満たす仮想PCを構築できるようになっています。
     
    また、仮想PCの完全暗号化、クラウド仮想マシンのサポート、DirectX 11のサポートなどの機能強化もおこなわれています。

    Appleシリコンを開発者プレビュー版としてサポート

    以前はMac向け仮想PCソフトの定番であったVirtualBoxですが、Appleシリコンへの移行によって利用できなくなっていました。
     
    新しくリリースされたVirtualBox 7では開発者プレビュー版という位置づけながらAppleシリコンをサポートしています。
     
    開発者向けのリリースということで不具合が残っていたり、性能が悪かったりする可能性はありますが、Appleシリコン搭載Macで仮想PCソフトを利用したい方には朗報といえるでしょう。
     
    Appleシリコン搭載Macをサポートする仮想PCソフトとしては、Parallels DesktopやUTMが存在します。

     
     
    Source: VirtualBox via Neowin
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次