2022年10月6日 19時38分

読了まで 312

今買わないほうが良い5つのApple製品

iPad 10th apple pencil 2 AL


 
Appleは今年中にMacやなどの新モデルをリリースすると噂されており、今は購入を控えたほうが良い製品が存在するようです。米メディアMacRumorsは、5つの「今買わないほうが良い製品」をまとめています。

10月のイベントはない?

当初、Appleは10月に追加のイベントを開催し、新たなMac、iPadモデルを発表するとみられていましたが、最近では発表はプレスリリース経由で行なわれるとの見方が濃厚となっています。
 
MacRumorsの「今買わないほうが良い製品」のリストは、下記のとおりとなっています。
 

iPad Pro

が最後にアップデートされたのは2021年4月で、2022年末までにアップデートされると予想されています。新モデルにデザイン上の大きな変化はないとみられていますが、待つ価値のあるいくつかの機能があるとのことです。
 
11インチと12.9インチのiPad Proの両モデルがリフレッシュされる見通しですが、噂によれば12.9インチモデルのみミニLEDディスプレイを搭載するとされています。
 
新iPad Proは、6月に新型MacBook Airに導入されたチップを採用し、スピードとパフォーマンスが改善すると予想されています。また、ワイヤレス充電に対応するとの噂もあり、Appleは背面にMagSafe充電可能な大きなガラスのAppleロゴを追加するとみられています。
 
また新iPad Proモデルでは、iPhoneやAirPodsを充電できる双方向ワイヤレス充電が採用される可能性も指摘されています。
 

廉価iPad

Appleは以前から300ドル未満の価格帯で廉価なベーシックなiPadを提供していますが、今年はこの安価なiPadにこれまで上位モデルに限られていた機能が搭載されるとみられています。
 
Appleは低価格iPadに長年採用されてきた旧デザインを刷新し、フラットエッジで丸みを帯びた角を特徴とする、よりモダンな外観の10.5インチディスプレイを導入する見込みです。このデザインは、すでにiPad mini、iPad Air、iPad Proに採用されています。
 
フラットエッジのデザインは、通常ベゼルフリーですが、現在の廉価iPadはTouch IDを搭載したホームボタンを採用し、上下のベゼルが維持されるとの噂があります。Touch IDが採用されるとしても、iPad miniやiPad Airに採用されたのと同じ電源ボタンベースのTouch IDが選ばれる可能性もあります。
 
次世代廉価iPadではLightningではなくUSB-Cが採用される見通しで、カメラも改良され、より高速なチップが搭載されるとみられていますが、ヘッドホンジャックがなくなる可能性も指摘されています。
 

14インチと16インチのMacBook Pro

昨年10月に登場したM1 Proと ですが、年内に新しいM2 ProとM2 Maxのモデルが発表される可能性があります。MacBook Proの新モデルは、早ければ今秋の発売が予定されているとのことですが、Appleが抱える供給面での制約から、時期が後ろ倒しになるかもしれません。
 

Mac mini

2020年以降、Mac miniのリフレッシュは行われていませんが、Appleはまだデスクトップマシンを廃止するつもりはないようです。アップデートされたMac miniにはM2およびM2 Proチップが搭載される可能性があります。
 
デザインの変更は期待できず、トップクラスのチップは、Mac ProとMac miniのハイブリッドのようなMac Studioのために確保されることになりそうです。
 

Apple TV

2021年4月に最後にアップデートされたApple TVは、そろそろリフレッシュの時期かもしれません。噂によると、A14チップと4GB RAMを搭載した新モデルが開発中で、2022年末までには発売されるのではないかとのことです。
 
著名アナリストのミンチー・クオ氏は、AppleがApple TVのリフレッシュ時に価格を下げる予定であると今年何度か発言していますが、それが実際に実現するかどうかは不明です。
 
 
Source:MacRumors
Photo:@aaple_lab/Twitter
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる