iOS16.1のパブリックベータ3がリリース

    ios16.1

    ios16.1
     
    iOS16.1のパブリックベータ2の公開から1週間、パブリックベータ3のリリースに至りました。

    ステージマネージャがM1 iPad以外にも拡大

    Appleの無料ベータテストプログラムに登録したパブリックベータテスターは、パブリックベータWebサイトから適切な証明書をインストールした後、iOS16.1またはiPadOS16.1ベータを無線でダウンロードすることができます。
     
    最新のiPadOS16.1ベータで、Appleはステージマネージャを2018年と2020年のiPad Proモデルにも拡大し、同機能はM1 iPad ProとM1 iPad Airに限定されなくなりました。ステージマネージャは、iPadの新しいマルチタスクの方法であり、サイズ変更可能なウィンドウで4つのアプリを同時に開くことができます。
     
    iOS16.1では、リアルタイムで起こっていることを逐一ロック画面やDynamic Islandで見ることができるライブアクティビティが導入される予定です。
     
    iOS16.1ベータ2では、ステータスバーのバッテリーアイコンのデザインが変更され、バッテリー充電量の表示が追加されました。また、バッテリーのフォント変更、ロック画面の充電インジケータの更新コピペのバグの修正などが図られました。
     
     
    Source:MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次