iPhone14 Proが256GB〜で値上げなし?値上げの場合14 Max人気に?

    iPhone14 Price AH 0813

    iPhone14 Price AH 0813
     
    9to5Macのチャンス・ミラー氏が、iPhone14 Proシリーズ値上げに関する噂に対し、自身の考えを記しています。

    値上げの場合はiPhone14 Maxが人気を集めると予想

    アナリストのミンチー・クオ氏の「iPhone14 Proシリーズは値上げされる」との予想に、ミラー氏は懐疑的です。
     
    同氏は、インフレなどの経済状況により、消費者は支出を抑える傾向にあると指摘しています。
     
    米オンラインストアSellCellの事前調査では、iPhone14シリーズへの機種変更を検討しているユーザーの割合が低いことが報告されていました。
     
    もっとも、機種変更が必要なユーザーはそれを行うしかないとし、その場合は新たにラインナップされる6.7インチの廉価モデル「iPhone14 Max」がユーザーにとって魅力的な選択肢になる可能性が高いとミラー氏は述べています。

    Proシリーズの最小ストレージ容量が256GBの可能性

    ただし、iPhone14 Proシリーズ値上げされるとしても、納得できる部分もあると、同氏は述べています。
     
    噂通りであれば、iPhone14 ProシリーズだけがA16を搭載、4,800万画素のリア広角カメラで8K動画撮影ができるようになるなど、大きなアップデートが期待できる点を、同氏はその理由として挙げています。
     
    ミラー氏は、iPhone14 Proシリーズの最小ストレージ容量が256GBになる可能性も取り上げています。
     
    最小ストレージ容量が256GBになった場合、同ストレージ容量で比べた場合はiPhone13 Proシリーズの販売価格と変わらないことになります。
     
    ミラー氏の予想販売価格は、下記の通りです。この予想販売価格では、iPhone14 Proシリーズのみ、iPhone13 Proシリーズに対して100ドル値上げとなっています。
     

    • iPhone14:799ドル〜(税込117,800円〜)
    • iPhone14 Max:899ドル〜(税込132,800円〜)
    • iPhone14 Pro:1,099ドル〜(税込159,800円〜)
    • iPhone14 Pro Max:1,199ドル〜(税込174,800円〜)

    ジェフ・プー氏は最小ストレージ容量に関し別の考え

    こうしたミラー氏の考えの一方で、Haitong International Securitiesのアナリスト、ジェフ・プー氏は、iPhone14 Proシリーズの最小ストレージ容量は128GBで、iPhone13 Proシリーズと変わらないと予想しています。
     
    同氏はまた、iPhone14とiPhone14 Maxがリフレッシュレート120Hzに対応するProMotionディスプレイを搭載、両モデルの最小ストレージ容量は64GBになるとの予想も伝えていました。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Apple Hub/Twitter
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次