2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS16のバッテリー%表示対応するFace ID搭載iPhoneと非対応モデルは?

    iOS16 battery indicator

    iOS16 battery indicator
     
    The Apple Postが、iOS16開発者向けベータ5で導入された、バッテリー残量のパーセント表示に対応するFace ID搭載iPhoneと、対応しないFace ID搭載iPhoneを伝えています。

    対応モデルと非対応モデルあり

    iOS16開発者向けベータ5では、「設定」アプリに「バッテリー・パーセンテージ(バッテリー残量のパーセント表示)」という項目が追加されたことで、トグルスイッチをONにするとステータスバーのバッテリーアイコンに残量が数値で表示されるようになりました。
     
    The Apple Postによれば、iOS15開発者向けベータ5をインストールするとバッテリー残量をパーセント表示させることが可能なFace ID搭載iPhoneは、下記の通りです。
     

    • iPhone13
    • iPhone13 Pro
    • iPhone13 Pro Max
    • iPhone12
    • iPhone12 Pro
    • iPhone12 Pro Max
    • iPhone11 Pro
    • iPhone11 Pro Max
    • iPhone XS
    • iPhone XS Max
    • iPhone X

     
    一方、これに対応しないモデルもあります。
     

    • iPhone13 mini
    • iPhone12 mini
    • iPhone11
    • iPhone XR

     
    これらのモデルが対応しない理由について、「表示領域が狭い」「液晶ディスプレイ搭載モデルで、画素密度が低い」との指摘があります。
     
    この指摘が正しければ、miniモデルがラインナップされない見通しのiPhone14シリーズは、全モデルがバッテリー残量のパーセント表示に対応すると思われます。

    コントロールセンターとの表示非統一

    バッテリー残量のパーセント表示について、コントロールセンターではこれまでと同じ表示で、一貫性がないとの意見があります。
     
    iOS16正式版公開までにこの点が変更され、コントロールセンターのバッテリーアイコンもパーセント表示に対応したものになるかもしれません。
     


     
     
    Source:The Apple Post
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次