iPhone14 Pro用A16はA15からどのくらい性能向上する?海外メディア予測 - iPhone Mania
トップページ > iPhone13 > iPhone14 Pro用A16はA15からどのくらい性能向上する?海外メディア予測
2022年7月26日 01時06分

読了まで 236

iPhone14 Pro用A16はA15からどのくらい性能向上する?海外メディア予測

iPhone14 Pro AH 0622


 
Macworldが、iPhone14 ProA16はA15からどのくらい性能向上するか、噂される製造プロセスや仕様から予測しています。

A16はProシリーズのみに搭載

iPhone14シリーズでは、iPhone14 ProiPhone14 Pro Maxにのみ新しいシステム・オン・チップ(SoC)、A16が搭載されると噂されています。
 
iPhone13シリーズでは全てのモデルにA15を搭載、GPUコアの数で、ベースモデルとProシリーズを差別化していました。

製造プロセスから性能向上率を予測

MacworldはA16の性能向上率を予測するにあたり、製造プロセスに着目しています。
 
A15は、TSMCの5nmプロセス「N5P」で製造されています。前世代のA14は、TSMCの5nmプロセス、「N5」で製造されていました。
 
対して、A16はTSMCの「N4P」で製造されるとMacworldは伝えています。
 
N4Pは4nmプロセスではなく、TSMCの第3世代5nmプロセスであり、N5と比べて、11%の性能向上、22%の電力効率改善、6%のトランジスタ密度増加が得られると、同メディアは説明しています。

予測される性能向上率

製造プロセスの微細化が進まないにも関わらず、A15で150億個だったトランジスタは、A16ではおそらく180億個から200億個になるとMacworldは予測しています
 
増加するトランジスタの大部分は、機械学習のためのNeural Engine、画像信号プロセッサ(ISP)、ビデオエンコーダーとデコーダー、そしてCPU性能の向上に用いられると同メディアは述べています。
 
A16はLPDDR5と組み合わせ、動作周波数を高速化することで、A15よりも15%の性能向上を実現、Geekbench 5ベンチマークにおいて、シングルコアが2,000前後、マルチコアが5,700前後まで向上する可能性があると、Macworldは期待感を示しています。
 
また、A16の命令セットが、A15のArmv8.5-A命令セットからArmv9命令セットになった場合、デスクトップCPU並のSIMD(Single Instruction Multiple Dat)構成の演算ユニットを搭載することもあり得ると同メディアは予想しています。
 
こうした改良もあり、A16のGPU性能はA15から30%向上することが期待されています。
 
また、iPhone14 ProにはSnapdragon X65 5Gモデムが搭載され、電力効率と信頼性が向上する見通しです。
 
 
Source:Macworld
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる