Appleティム・クックCEO、ARヘッドセットに「乞うご期待」

Apple ティム・クックCEO

Apple ティム・クックCEO
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)がインタビューで、拡張現実(AR)ヘッドセットについて問われ「ご期待ください」と応じ、新製品の発売が近いことを匂わせる発言をしています。

大切なのは「人間中心」

ティム・クックCEOは、中国メディアChina Daily USAのインタビューで「中国の消費者は仮想現実(VR)や拡張現実(AR)テクノロジーに熱狂していますが、現在販売されている製品に満足できない人もいます。ARヘッドセットのような製品が成功するために、何が重要だと考えますか?」との質問を投げかけられました。
 
クック氏は、以前までと同様にAR技術への期待を語るとともに、AppleのAR製品の登場が近いことを示唆する発言をしています。
 

ご存知かもしれませんが、私はARに大変期待しています。ARを含む全てのテクノロジーに非常に重要なことは、人を中心に据えることです。これが、私たちが日々、注力していることです。
 
例えば現在、App Storeには世界じゅうの数百万人にAR体験を提供できる、14,000以上のARKitアプリがあります。それでも、私たちはまだ、このテクノロジーは進化のごく初期段階にあると考えています。この分野における可能性に、私はこれ以上ないほどの喜びをおぼえています。私たちが提供するものに、ご期待ください。

 
クック氏のインタビュー動画は、以下のツイートから視聴できます。
 


 

AppleのARヘッドセットは2023年に発売?

Appleが開発中と噂されているAR/VRヘッドセットは、2022年5月の取締役会で披露されたと伝えられ、専用OS「realityOS」とともに世界開発者会議(WWDC22)での発表が期待されていましたが、Appleからの発表はありませんでした。
 
Appleの情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏は、AppleのAR/VRヘッドセットは2023年に発売される、との予測を発表しています。
 
Appleは、AR/VRヘッドセット向け映像コンテンツ開発のため、ハリウッドの映画監督を起用しているとも報じられています。
 
 
Source:AppleInsider
(hato)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

特集

目次