トップページ > iPhone SE(第2世代) > iPhoneセールが開催、SE2が一括10円、12 miniは残価設定型で1円など
2021年12月4日 18時25分

読了まで 327

iPhoneセールが開催、SE2が一括10円、12 miniは残価設定型で1円など

Apple iPhone SE(第2世代)


 
一部家電量販店において、12月もキャリア版のiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円128GBモデルが4,268円等の激安価格で販売されています。ドコモやau、ソフトバンクはiPhone12 miniを2万円台から販売しています。また、一部店舗では、残価設定型契約を活用することでiPhone12 miniが実質負担額1円で提供されています。

iPhone SE(第2世代)がMNPで一括1円~

家電量販店におけるiPhone SEの格安セールが12月も引き続き実施されています。
 
ヨドバシカメラのNTTドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォン売り場において、iPhone SE(第2世代)セールが行われているとの情報があります。
 
TwitterユーザーのSkyblue氏(@skyblue_1985jp)は12月3日、ヨドバシカメラ秋葉原店でiPhone SEがMNPを条件に64GBモデルが一括10円、128GBモデルが4,268円等の格安価格で販売中との画像を投稿しました。
 


 
また、東京以外の地域の店舗でも、MNPによる他社からの乗り換え等を対象に、ドコモやソフトバンク、auでiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括10円等で販売されているとの情報もあります。
 
SE(第2世代)の128GBモデルは、ドコモが従来に引き続き一括4,268円で販売しており、ソフトバンクやauも格安価格で販売しているとみられます。
 
なお、iPhone Maniaでは、iPhone SE(第2世代)向けケースのレビュー記事を掲載しています。
 
家電量販店等におけるキャリア版iPhone SEの大規模セールは8月~11月にも実施され、ドコモでは新規契約も一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
2022年前半に5G対応のiPhone SE(第3世代)が発売されると予測されていることが、iPhone SE(第2世代)格安セールの一因となっていると噂されています。

iPhone12 miniが2万円台で販売

iPhone12 mini
 
一部のヨドバシカメラのドコモやau、ソフトバンクでは、MNPでの契約を条件に、過去のセールに引き続きiPhone12 mini(64GB)が27,000円程度で販売されています。また、128GBモデルのMNP一括販売価格は32,000円~35,000円程度となっているとの情報があります。
 
ドコモはiPhone12 mini(64GB)のMNPでの一括購入価格を一時期38,000円程度に設定していましたが、その後さらに値下げし、auやソフトバンクに対抗した模様です。
 
Apple StoreでのiPhone12 mini(64GB)の販売価格は69,800円(税込)となっており、キャリア各社の販売価格は格安と言えそうです。
 
また、ヨドバシカメラ以外の家電量販店等においてもキャリア版iPhoneのセールが行われている可能性があります。
 
一部店舗では、2年後に端末を返却する「残価設定型」の契約を活用することで、キャリア版iPhone12 mini(128GB)が実質負担額1円~で利用可能となっている模様です。
 

いつまで続くか不透明

iPhone SEの激安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで開催されていると推察されます。8月頃から、一括1円~10円セールでの販売が実施されていますが、いつまで続くかは不透明な状況です。購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫を早めにご確認ください。
 
なお、AppleはiPhone13シリーズの発表に伴い、Apple Storeにおける一部のiPhoneの販売価格を見直しており、iPhone SE(第2世代)は若干値上げされています。
 
また、iPhone Maniaでは、iPhone13 miniとiPhone SE(第2世代)の実機比較記事を掲載しています。
 
 
Source:Skyblue/ Twitter
(seng)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる