トップページ > iPhone13 > iPhone13シリーズ、Samsungの在庫不足でアメリカでの需要が高まる
2021年11月26日 10時39分

読了まで 217

iPhone13シリーズ、Samsungの在庫不足でアメリカでの需要が高まる

iPhone13の画像


 
iPhone13シリーズの需要がアメリカで高まっているようです。
 
原因はSamsungのスマートフォンが供給不足に陥っているためであり、昨年のiPhone12シリーズよりも需要が高いといいます。

iPhone13シリーズの需要は昨年より高い

この調査はWave7 Researchによりおこなわれました。
 
Verizon、AT&T、T-Mobileの店舗担当者に端末ごとの売上げ割合を調査したところ、iPhone13シリーズの需要は昨年のiPhone12シリーズよりも高いと65%が回答しました。
 
たとえば、AT&Tが2021年9月に販売した端末のうち、79%はAppleのiPhoneシリーズが占めており、iPhone13シリーズだけでも63%を占めるなど、どのキャリアでも高い需要を示しています。
 
アメリカでの各スマートフォン端末の販売割合
 
特にiPhone13 Pro Maxなどの大画面スマートフォンが人気であり、これはZoomなどを利用してビデオ会議をおこなうためだとのことです。
 

供給不足でSamsungは低迷

一方、Samsungの2021年9月から10月における販売割合は20%台と低迷しています。
 
ある販売担当者が「モーゼが紅海を割ったとき以来」Galaxy S21シリーズを見たことがないと述べるなど、Samsung製端末の供給不足が原因のようです。
 
ただ、調査した40人の担当者のうち25人がGalaxy S21 Ultraについて売れ筋トップ3に入っていると回答し、Galaxy Z Flip3についても40人中17人が売れ筋トップ3に入っていると回答するなど、決して人気がないわけではありません

Pixel 6シリーズは来月以降に期待

Googleが大々的にそのリリースをアピールしたPixel 6/6 Proを含む、Pixelシリーズの10月の販売割合は2%から3%と低いです。
 
ただ、販売開始が10月28日と遅かったため、来月以降により正確な需要がわかるでしょう。

 
 
Source: PhoneArena
(ハウザー)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる