トップページ > 最新情報 > MediaTek、A15と同じ5nmで製造されるDimensity 7000を準備?
2021年11月23日 10時19分

読了まで 159

MediaTek、A15と同じ5nmで製造されるDimensity 7000を準備?

MediaTekのDimensityの画像


 
新フラッグシップ システム・オン・チップ(SoC)であるDimensity 9000を大々的に発表したMediaTekが、廉価版ハイエンドチップを準備しているという情報が入ってきました
 
Dimensity 7000と名付けられたこのチップは、AppleのA15 Bionicと同じ、TSMCの5nmプロセスで製造されるとのことです。

TSMCの5nmプロセスで製造されるDimensity 7000

このDimensity 7000が製造されるTSMCの5nmプロセスは、フラッグシップであるDimensity 9000の4nmプロセスよりも1世代前のものです。
 
しかしながら、AppleのA15 BionicもTSMCの5nmプロセスで製造されておりDimensity 7000の性能や消費電力にも期待が持てます
 
詳細なスペックは不明ですが、CPUコアには新しいArmv9アーキテクチャのものを採用するとされ、Cortex-X2、A710、A510のいずれか(あるいはすべて)が使用されるでしょう。
 
Dimensity 9000は、
 

  • Cortex-X2 x 1(@3.05GHz)
  • Cortex-A710 x 3(@2.85GHz)
  • Cortex-A510 x 4(@1.8GHz)

 
を搭載しています。

75Wの高速充電をサポート?

このほかに明らかになっているのは、Dimensity 7000は75Wの高速充電をサポートするということです。
 
これはQualcommのSnapdragon 888Snapdragon 870の中間の充電性能であり、Dimensity 7000はそのあたりのクラスに位置づけられるチップなのかもしれません。

 
 
Source: Digital Chat Station/Weibo (1), (2) via GSMArena
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる