2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Qualcommが、Snapdragon 888を発表〜2021年ハイエンド向け

    Snapdragon 888

    Snapdragon 888
     
    Qualcommが現地時間2020年12月1日、Snapdragon Tech Summit Digital 2020にてSnapdragon 888を発表しました。このチップは、2021年のハイエンドAndroidスマートフォンに搭載される見通しです。

    Snapdragon 888の特徴

    Snapdragon 888は、低消費電力といわれるSnapdragon X60 5Gモデムを搭載しています。この5Gモデムは、サブ6GHzとミリ波両方式をサポートします。これにより、Snapdragon 888を搭載したスマートフォン全機種で、サブ6GHzとミリ波、どちらも利用可能になります。
     
    Snapdragon 888には第6世代人工知能(AI)が搭載されており、AI機能利用時のパフォーマンス向上と、低消費電力を実現しています。
     
    画像処理に関しても、Snapdragon 888は新しいSpectra ISP(Image Signal Processor)を搭載、2.7ギガピクセル/秒、もしくは1,200万画素で約120枚の画像キャプチャに対応しており、Snapdragon 865のISPと比べて35%の性能向上が実現されました。
     
    Snapdragon 888を含むSnapdragon Tech Summit Digital 2020での基調講演が、YouTubeで公開されています。
     

    複数メーカーが搭載機種を開発予定

    Tom’s Guideによれば、Motorola、OnePlus、Xiaomi、ZTEが、Snapdragon 888を搭載したスマートフォン開発を計画しているようです。
     
    同メディアは、今後数日のうちにSnapdragon 888の詳細が明らかになるだろうと記しています。
     
     
    Source:Tom’s Guide, Snapdragon Tech Summit Digital 2020
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次