トップページ > iOS > iOS15.2/iPadOS15.2のパブリックベータ1がリリース
2021年10月29日 11時01分

読了まで 157

iOS15.2/iPadOS15.2のパブリックベータ1がリリース

iOS15.2 MacRumors


 
Appleは現地時間10月28日、登録ユーザー向けにiOS15.2、iPadOS15.2の最初のパブリックベータをリリースしました。開発者向けベータから1日遅れでの提供となりました。

アプリのアクティビティを確認可能に

Appleは、開発者向けにiOS15.2とiPadOS15.2のベータ1をリリースした翌日、登録ユーザー向けにパブリックベータ1をリリースしました。
 
iOS15.2とiPadOS15.2のベータでは、iPhoneやiPadにインストールされたアプリがユーザーの個人情報や位置情報、カメラ、マイク、写真などにどの程度アクセスしているかを把握できる「Appアクティビティを保存」の内容をユーザーが確認可能になっています。

緊急通報機能の見直し、要約通知のデザイン変更も

iOS15.2ベータでは、緊急SOS通報機能が見直されており、「設定」アプリから「緊急SOS」を開いた際のメニュー画面が変更されています。
 
また、要約された通知の表示のデザインが若干変更されています。

子供による性的画像送受信の警告機能、コード発見も実装計画なし

iOS15.2のベータでは、13歳以下の子供が性的な画像を送受信すると保護者に警告するコードの存在が確認されています。
 
しかし、Appleはこの機能をiOS15.2で有効にする計画はない、と説明しています。

 
 
Source:MacRumors
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる