トップページ > 最新情報 > Apple、半導体不足と製造の混乱で約6,815億円の減収
2021年10月29日 08時11分

読了まで 148

Apple、半導体不足と製造の混乱で約6,815億円の減収

ティム・クックCEO 2021年10月AppleEvent


 
Appleティム・クック最高経営責任者(CEO)が、世界的な半導体不足とコロナ禍による製造の混乱が、同社の収益を約60億ドル(約6,815億円)押し下げた、との見通しを語っています。

供給不足が業績に影響

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は、CNBCのインタビューに対し、供給不足により、Appleの業績に約60億ドル(約6,815億円)の影響が出たことを明らかにしました。
 
供給不足の内容についてクックCEOは、世界的に続く半導体不足と、東南アジア地域における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による製造の混乱を挙げています。

売上高は四半期記録を更新も業績見通しは発表せず

Appleが発表した2021年度第4四半期(2021年7月〜9月)の売上高は前年同期比29%増加し、同四半期としての最高記録を更新しました。
 
2022年度第1四半期(2021年10月〜12月)の業績についてクックCEOは、コロナ禍による製造上の問題は大幅に改善され、堅調な成長を期待していると述べたものの、世界的な半導体不足は続くだろう、との見通しを語りました。
 
ただし、世界的に不足しているのは従来型のチップであり、iPhoneやMacなどに搭載されるAppleシリコンに用いられる最先端のチップへの影響は比較的小さい、とも語っています。
 
Appleは、引き続きコロナ禍による影響が見通せない、としてホリデーシーズンが含まれる重要な時期である2022年度第1四半期の業績見通しを発表していません。

 
 
Source:CNBC via MacRumors
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる