トップページ > Mac > 16インチMacBook Pro、M1 Maxを搭載すると少し重くなる
2021年10月20日 16時52分

読了まで 20

16インチMacBook Pro、M1 Maxを搭載すると少し重くなる

M1 Maxの画像


 
新しく発表された14インチ/16インチMacBook Proは、搭載するシステム・オン・チップ(SoC)としてM1 ProとM1 Maxのどちらかを選択することができます。
 
選択によって性能はもちろん変わるのですが、実は重量についても差が出ることがわかりました。

M1 Max搭載モデルの方がM1 Proより100g重い

Appleの公式サイトにある仕様表を見ると、16インチMacBook Proの重量は、M1 Pro搭載モデルの場合は2.1キログラムなのに対し、M1 Maxの場合は2.2キログラムと表示されています。
 
MacBook Pro16インチモデルのサイズと重量
 
一方、14インチモデルの場合はSoCによる差は無く、1.6キログラムとだけ表示されています。
 
MacBook Pro 14インチモデルのサイズと重量
 
つまりこの差は、16インチモデルにのみ存在しており、14インチモデルでは差が無いようです。

たまたま四捨五入の切り上げ/切り捨てに引っかかった?

確かにM1 MaxのチップサイズはM1 Proよりも大きく、重量も実際重いと考えられます。
 
M1 Series
 
しかしながら、チップだけの差によって100グラムもの差が生まれるとは考えづらく、たまたま四捨五入の切り上げ/切り捨ての境目に引っかかったのかもしれません。
 
Appleは重量に対する脚注として、「重量は構成と製造工程によって異なります」と記していますが、これは14インチモデルでも同じように書かれている文言であり、MacBook Proの16インチモデルだけ差が出る明確な理由には触れていません。
 
M1 Pro/MaxはAppleシリコンと呼ばれるM1チップの後継チップであり、強力なCPU性能GPU性能を備えています。
 
M1 Pro/Maxを搭載したMacBook Proは、すでに予約を受付開始しており、10月26日に発売予定です。

 
 
Source: Apple via MacRumors
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる