トップページ > 最新情報 > iPhone13 miniのサプライヤーの9月売上高が、昨年同月比約18%増加
2021年10月11日 19時30分

読了まで 158

iPhone13 miniのサプライヤーの9月売上高が、昨年同月比約18%増加

iPhone13 13 mini


 
EMS Oneが、iPhone13 miniの組み立て作業を受託しているPegatronの2021年9月の売上高が前月比および前年同月比で大幅に増えたことを報じました。

年度別総売上高では減少傾向続く

EMS Oneによれば、Pegatronの2021年9月の売上高は前月比74.7%増、前年同月比18.1%増の1,490億3,900万台湾ドル(約5,960億円)でした。
 
ただし、2021年第3四半期(7月〜9月)は前期比18.5%増ながらも、前年同期比では3.8%減の3,228億8,500万台湾ドル(約1兆2,900億円)、同1月〜9月期は前年同期比13.8%減の8,117億200万台湾ドル(約3兆2,460億円)でした。

2022年にiPhone14 Maxの製造担当か

iPhone13シリーズの組立作業において、PegatronがiPhone13 miniの全数とiPhone13の32%を、中国LuxshareがiPhone13 Proの40%を、残りを全てFoxconnが担っている模様です。
 
iPhone14シリーズ(仮称:2022年モデル)では、5.4インチディスプレイ搭載モデルはラインナップされない見通しであることから、Pegatronは6.7インチディスプレイを搭載するベースモデル、iPhone14 Maxの製造を担当するとみられています。
 
 
Source:EMS One
Photo:Apple
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる