トップページ > 最新情報 > 世界におけるスマートフォンの卸売価格、2021年に300ドルの大台超えの見込み
2021年10月3日 10時23分

読了まで 239

世界におけるスマートフォンの卸売価格、2021年に300ドルの大台超えの見込み

iPhone12 ProとiPhone13 Proの写真


 
5Gへの対応に加えて、半導体不足が重なり、2021年のスマートフォン卸売価格は大きく上昇する見込みです。
 
2021年の平均卸売価格は310ドル(約34,434円)となり、2013年以降で最高値になると予想されています。

前年比+11%となる見込みのスマホ平均卸売価格

調査会社のStrategy Analyticsによると、2021年のスマートフォン平均卸売価格は310ドル(約34,434円)になる見込みだとのことです。
 
スマートフォンの平均卸売価格と卸売り売上高の推移
 
これは、2020年の279ドル(約30,990円)に対して+11%の増加であり、2013年以降で初めて300ドル(約33,323円)を超えて最高値となります。
 
価格上昇の背景としては、
 

 
が要因として挙げられています。

600ドル以上のスマートフォンの好調が拍車をかける

また、各社の600ドル(約66,646円)以上のスマートフォン販売が好調である点も、この価格上昇に拍車をかけます。
 
この価格帯のスマートフォンは、前年同期比で出荷台数が34%増、売上高が48%増となり、市場全体やほかの価格帯を大きく上回るとのことです。
 
具体的なスマートフォンとしては、
 

  • iPhone12シリーズ
  • Samsungの折りたたみスマートフォン
  • OnePlus 9シリーズ
  • Xiaomi 11シリーズ
  • OPPO Renoシリーズ
  • Vivo Xシリーズ

 
といった端末が挙げられています。
 
2021年第4四半期(10月~12月)からはiPhone13シリーズも要因に加わることでしょう。

2022年は第3世代iPhone SEが平均価格を下げるも、2023年からは再び上昇

2022年に関しては、世界のスマートフォン卸売売上高は300ドル(約33,323円)まで緩やかに低下するとみられます。
 
これは、部品の供給制約が緩くなり価格が下がることや、第3世代iPhone SEの登場がその要因です。
 
一方、2023年から2025年にかけては再び平均卸売価格は上昇基調になるとStrategy Analyticsは予想しています。
 
また、世界のスマートフォン卸売売上高は、中国、アメリカ、日本、インドが上位4カ国であり、2022年には全体の53%を占めるとのことです。
 
日本と韓国が最も高い平均卸売価格であり、インドとアフリカの一部の国が最も低い価格となっています。

 
 
Source: Strategy Analytics
Photo: ぱくたそ
(ハウザー)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる