AppleのARヘッドセットが2022年、Appleメガネが2024年発売か

Micro OLED Apple Glass

Micro OLED Apple Glass
 
台湾メディアDigiTimesがサプライチェーンから入手した情報として、Appleの拡張現実(AR)対応ヘッドセットとAppleメガネの開発状況と発売予想時期を報じました。

ARヘッドセットの予想販売価格は約22万円

DigiTimesによれば、Appleは2種類のAR対応製品を開発しているとのことです。
 
このうち、ARヘッドセットの開発はP2(プロトタイプテストの第2段階)を終えており、2022年第2四半期(4月〜6月)に量産開始、同年下半期(7月〜12月)に発表される見通しです。
 
サプライチェーンからの情報では、ARヘッドセットの仕様は2020年後半に決定していたようです。
 
ARヘッドセットは製造コストが高く、販売価格は2,000ドル(約22万円)以上が見込まれることから、主にビジネス向けに位置づけられ、年間販売台数も200万台〜250万台と予測されているようです。

Appleメガネの開発に遅れ、発表は2024年か

Appleメガネは一般ユーザーを対象に開発されており、カメラとLiDARを搭載し、フレームがマグネシウム合金製で重さは約100グラム~110グラム、5nmプロセスで製造されたチップを搭載し、iPhoneとBluetooth接続して使用する製品になると、DigiTimesは伝えています。
 
Appleメガネの開発は大幅に遅れていることから、発表は2024年になる可能性が高いようです。
 
 
Source:DigiTimes via iMore
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次