トップページ > iOS > iOS15の個人情報保護機能「iCloud Private Relay」に不具合
2021年8月29日 23時20分

読了まで 27

iOS15の個人情報保護機能「iCloud Private Relay」に不具合

iOS15 パブリックベータ iCloud Private Relay


 
iOS15で追加される、ユーザーのプライバシーを保護する新機能「iCloud Private Relay」は、現時点では意図したとおりの保護性能を発揮できていないことが分かりました。同機能は、iOS15正式公開当初はベータとして提供される予定です。

暗号化によるプライバシー保護が動作しない不具合

iOS15の新機能「iCloud Private Relay」は、SafariでWebにアクセスする際にデバイスから発信される情報を暗号化することで、IPアドレスや位置情報、閲覧履歴へのアクセスからユーザーを追跡するためのプロフィール情報が作成されないようにするプライバシー保護機能です。
 
海外掲示板サイトRedditユーザーu/WhatTheHomePod氏が、iCloud Private RelayをオンにしていてもユーザーのアドレスがISPから見られる状態になっていると指摘しています。
 
問題は、実験的なWebKit機能メニュー内のWebRTCソケットプロキシを有効にすると解決するものの、アプリ内で動作するSafariには対処できないようです。また、VPNやプロキシを経由すればユーザー情報は漏れないとのことです。
 
u/WhatTheHomePod氏はこの問題をAppleに報告している、と書き込んでおり、今後は修正されるとみられます。
 

Apple’s new Private Relay is leaking your original address through WebRTC. from privacy


 

iOS15公開当初はベータとして提供予定

Appleは「iCloud Private Relay」について、iOS15とiPadOS15のベータ7リリースにあたり、正式版の公開当初はユーザーからのフィードバックを収集し機能を改善するための「パブリックベータ」として提供すると発表しています
 
iOS15やiPadOS15は、iPhone13シリーズの発表とあわせて9月に一般ユーザー向け正式版が公開されると見込まれています。
 
 
Source:Reddit via 9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる