トップページ > 最新情報 > 次世代AirPods Proに感圧タッチを導入し、NCモード切り替えか〜特許取得
2021年7月17日 07時25分

読了まで 26

次世代AirPods Proに感圧タッチを導入し、NCモード切り替えか〜特許取得

AirPods Pro patent_1


 
米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2021年7月15日、AirPods Proに関する更新された特許情報を公開しました。次世代AirPods Proでは、ステム(軸の部分)部分を操作することで、新たなノイズキャンセリングモードへの切り替えが行えるようになるなど、新機能導入と操作系の改良が行われるかもしれません。

ステムにフォースセンサーを搭載

公開された特許はもともと、2020年4月にAppleが取得した同様の特許の更新にあたるものです。
 
今回更新された部分は、AirPods Proらしきデバイスに感圧センサーを搭載し、操作に活かそうとする部分です。これまでの特許内容には、「タッチセンサー」と「感圧センサー」という用語が含まれておらず、明示されていなかったとPatently Appleは説明しています。
 
下記図表1Bには、感圧センサー搭載デバイスにおける操作部(104aと104b)が図示されています。
 
AirPods Pro patent_2
 
Patently Appleは、これらをタッチ操作することによって、音楽を聞いたり着信応答を行う、アクティブノイズキャンセリング時に、外部音取り込みモードに移行する、アクティブノイズキャンセリング機能を切り替えるなど、新たな操作系が導入されると推察しています。

AirPods Pro(第2世代)はステムのないデザインになると噂

AppleはAirPods Pro(第2世代)を2022年に発売すると噂されています。ただし、それは今回の特許に記載されたものとは形が異なり、ソニー WF-1000XM4のようなステムのない形状になると予想されています。
 
また、年内発売と噂のAirPods(第3世代)AirPods Proに似た形状になるとの情報がありますが、アクティブノイズキャンセリング機能は搭載されない見通しです。
 
AirPods Proの廉価版であるAirPods Pro liteが登場するという噂がありましたが、もしかしたらそうしたデバイスに今回取得した特許に基づく操作系が導入されるのかもしれません。
 
 
Source:USPTO via Patently Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる