2020年8月27日16:30公開

読了まで 142

次世代AirPods Proは触らなくてもジェスチャーで操作できるようになる?

AirPods Pro Apple site


 
Appleが現地時間2020年8月25日、米国特許商標庁(USPTO)において、オーディオデバイスに関する新たな特許を取得しました。本特許に記載された技術を導入した場合、次世代AirPods Proに直接触れずとも、ハンドジェスチャーで操作できるようになるかもしれないと、Tom’s Guideが伝えています。

特許の内容

Hand gesture patent 1
 
AppleがUSPTOがら取得した特許名は「ウェアラブル・インタラクティブ・オーディオデバイス」です。この特許には、タッチコントロールとハンドジェスチャーがイヤホンでどのように連携し、機能するかが記載されています。
 
Hand gesture patent 2
 
特許には、AirPods Proの感圧センサーをタップすると、ハンドジェスチャーモードがスタンバイ状態になると記載されています。感圧センサーとハンドジェスチャーを組み合わせることによって、別の機能を呼び出すことも想定されているようです。

Appleメガネ、Apple Watchへの展開も視野か

Tom’s Guideによれば、この特許にはAirPods Proなどのオーディオデバイスだけではなく、AppleメガネやApple Watchにもハンドジェスチャー機能を実装する方法も記述されているとのことです。
 
 
Source:USPTO via Tom’s Guide
(FT729)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる