トップページ > iPad Pro > 2022年のiPad Pro、11インチモデルにもミニLEDを搭載か〜クオ氏予測
2021年7月9日 14時52分

読了まで 149

2022年のiPad Pro、11インチモデルにもミニLEDを搭載か〜クオ氏予測

iPad Pro 2021年4月 AppleEvent


 
2022年に発売されるiPad Proでは、12.9インチモデルに加えて11インチモデルでもミニLEDディスプレイが採用される、との予測を著名アナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

現在は12.9インチだけがミニLEDディスプレイ

ミンチー・クオ氏は投資家向けレポートで、2022年のiPad Proでは、11インチモデルにもミニLEDディスプレイが搭載される、と予測しています。
 
Appleが2021年4月に発表、5月に販売を開始したiPad Proは、12.9インチモデルのみミニLEDディスプレイを搭載しており、11インチモデルは従来と同じ液晶ディスプレイを採用しています。
 
なお、次世代iPad Proについては、ワイヤレス充電のMagSafeが搭載されるとBloombergのマーク・ガーマン記者が報じているほか、2023年以降には大画面のiPad Proが、2021年内に新型iPad miniが登場するとも伝えています。

画質向上の一方で重量増

ミニLEDディスプレイは、バックライトを従来よりもきめ細かく制御することで、鮮やかな発色とコントラストが実現可能です。
 
ただし、ミニLEDディスプレイの採用により重量も増えており、2021年の12.9インチiPad Proは、前年モデルと比べてやや重く、わずかに厚くなっています
 
Appleのエンジニアは、11インチモデルにミニLEDを採用しなかった理由について、11インチモデルはサイズや重量が重視されることを考慮した、と述べています。
 
 
Source:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる