トップページ > 最新情報 > Snapdragon 895のベンチマーク結果がリークされる~A14より遅い?
2021年7月8日 09時46分

読了まで 237

Snapdragon 895のベンチマーク結果がリークされる~A14より遅い?

QualcommのSnapdragonの画像


 
Qualcommの次期フラッグシップ システム・オン・チップ(SoC)であるSnapdragon 895のCPUクラスタの詳細と、そのベンチマーク結果のリーク情報が出てきました。ベンチマーク結果については、今年のiPhoneに搭載されると見込まれるA15 Bionicはおろか、iPhone12シリーズに採用されているA14 Bionicよりも遅い結果となっています。

4種類のCPUコアが搭載されるKryo 780

Snapdragon 895(SM8450)にはKryo 780と呼ばれるCPUクラスタが搭載されるといわれています。
 
TwitterユーザーのTron氏(@FrontTron)とWccftechによると、このCPUクラスタには4種類のCPUコアが搭載されるようです。
 

  • 高速コア:Arm Cortex-X2 x 1
  • 中速コア:Arm Cortex-A710 x 3
  • 低速コア1:Arm Cortex-A510 x 2(動作周波数が高め)
  • 低速コア2:Arm Cortex-A510 x 2(動作周波数が低め)

 
現在のフラッグシップSoCであるSnapdragon 888と比べると、2種類の動作周波数が異なる低速コアが搭載されるのが特徴となっています。

CPU性能はiPhone12シリーズのA14 Bionicに劣る?

気になるKryo 780のCPU性能についてもGeekbenchのベンチマーク結果がリークされています。
 
それによると、
 

  • シングルコア性能:1,250
  • マルチコア性能:4,000

 
という結果であったそうです。
 


 
iPhone12シリーズに搭載されているA14 Bionicの結果が、シングルコアで1,596、マルチコアで4,027でしたので、マルチコアでは同等であるものの、シングルコア性能では劣っているということになります。
 
Appleは今年のiPhoneにさらに性能の高いA15 Bionicを搭載するとみられていますので、このリーク情報が正しいとすると、その差はさらに広がるかもしれません。
 
一方、2022年後半にSnapdragon 895オーバークロック版であるSnapdragon 895+が登場するという情報もあります。
 
 
Source:Tron/Twitter via Wccftech
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる