トップページ > iM独自記事 > 【レポ】IIJmioモバイルサービスギガプラン「データ容量のシェア」を申し込み
2021年6月1日 16時30分

読了まで 222

【レポ】IIJmioモバイルサービスギガプラン「データ容量のシェア」を申し込み

IIJmio data share


 
本日(2021年6月1日)午前10時から申込受付が始まった、IIJmioモバイルサービスギガプランデータ容量のシェア」「プレゼント(移行)」のうち、「データ容量のシェア」を早速申し込みました

「データ容量のシェア」と「プレゼント」の申し込み、利用開始

本日午前10時から申込受付が始まった「データ容量のシェア」を申し込みました。
 
今回は新たに新型12.9インチiPad Pro用にeSIM契約の20ギガを追加し、あわせて家族5回線で合計46ギガとなる「20ギガ+2ギガ+2ギガ+2ギガ+20ギガ(eSIM)」を上手く分け合って使うことが目的です。
 
「データ容量プレゼント機能」も提供されていますので、用途に合わせて選ぶことができます。
 

「データ容量のシェア」と「プレゼント」の申し込み

 
「データ容量のシェア」と「プレゼント」を申し込むには、会員ページの「サービスの設定」から行います。
 
IIJmio_eSIM_13
 

「グループ」の作成

 
データ容量のシェアを行うグループを作成します。好きな「グループ名」を設定することができます。
 
IIJmio eSIM_14
 

「グループ」への回線の追加

 
作成した「グループ」に対し、回線を追加します。ファミリーシェアプランのように、契約している全ての回線が一括で登録されるのではなく、好みに応じて2つ以上のグループに分割することも可能です。
 
IIJmio eSIM_14
 

「グループ」へ追加する回線の選択

 
契約中の回線一覧が表示されますので、「グループ」に移す回線をチェックして選択します。
 
筆者の場合、先月から繰り越したデータ容量がありますので、下記のように5回線合計の契約容量が46GB以上(52.22GB)になっています。
 
IIJmio_eSIM_16
 

「データ容量のシェア」の申し込みの確認

 
申し込み内容に間違いないか確認し、「この内容で設定する」を選択します。
 
IIJmio eSIM_17
 

「データ容量のプレゼント」の場合は?

 
「データ容量のプレゼント」も、会員ページの「サービスの設定」から行います。筆者は全回線を「データ容量のシェア」に設定したため、下記のような表示になっています。
 
IIJmio eSIM_18

ファミリーシェアプランのように総容量を考えれば良いように

ファミリーシェアプランから移行した筆者としては待望の機能、「データ容量のシェア」や「データ容量のプレゼント」が提供されたことで、IIJmioモバイルサービスギガプランが利用しやすくなりました。
 
 
Source:IIJmio
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる