トップページ > 最新情報 > Intelが第11世代Coreプロセッサ「Tiger Lake U」と5Gモデム発表
2021年5月31日 17時45分

読了まで 232

Intelが第11世代Coreプロセッサ「Tiger Lake U」と5Gモデム発表

Intel tiger lake u_1


 
Intelが、2021年5月31日〜6月30日まで開催されているバーチャル展示会「COMPUTEX TAIPEI 2021」で、第11世代Coreプロセッサ「Tiger Lake Uシリーズの上位モデルと、ラップトップ向け5GモデムIntel 5G Solution 5000を発表しました。

Tiger Lake Uシリーズ

Intelが、「Tiger Lake Uシリーズ」の最上位モデルとなる「Intel Core i7-1195G7」と、Core i5の上位モデル「Intel Core i5-1155G7」を発表しました。
 
両製品の消費電力は12ワット〜28ワット、コア数は4コアでハイパースレッディングによる8スレッドに対応、メモリは最大64GBのDDR4-3200または32GBのLPDDR4X-4266をサポートします。
 
内蔵グラフィックであるXe-LP Irisの実行ユニットは、「Core i7-1195G7」が96個、「Core i5-1155G7」が80個です。
 
「Core i7-1195G7」のベースクロックは2.9GHzですが、「Intelターボブーストマックス 3.0テクノロジー」により、シングルコア動作時には5.0GHzまで向上します。
 
Intelは、Core i7-1195G7とAMD「Ryzen 7 5800U」を比較した場合、ゲームにおいて46%〜178%増、動画編集では93%増のパフォーマンスを持つと案内しています。
 
「Core i5-1155G7」はベースクロックが2.5GHzで、ターボブースト時の動作周波数は4.5GHzです。
 
Intel tiger lake u_2
 
これらの製品は主にウルトラブック向けと位置づけられ、年内に60機種以上に搭載される見通しです。

Intel 5G Solution 5000

Intelはまた、M.2対応5Gモデムである「Intel 5G Solution 5000」も発表しています。本製品は5Gサブ6GHz、4G LTE、3G(W-CDMA)に対応します。
 
「Intel 5G Solution 5000」が対応するキャリアは、下記の通りです。
 

 
本製品は5G通信において、ダウンロード速度は最大4.7Gbps、アップロード速度は最大1.2Gbpsを実現しています。
 
Intel 5g modem
 
Intelは「Intel 5G Solution 5000」をMediaTekおよびFibocomと共同開発、2022年までに30機種のラップトップに搭載される予定です。
 
 
Source:Gizchina, AnandTech
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる