トップページ > iPhone13 > iPhone13の新機能を新型iPad Proから予想〜センターフレームに対応する?
2021年5月10日 01時00分

読了まで 237

iPhone13の新機能を新型iPad Proから予想〜センターフレームに対応する?

iPhone13 9TE


 
テック系メディアTom’s Guideが、新型iPad Proの新機能をもとに、iPhone13シリーズ(iPhone12sシリーズとの噂もあり)に導入される機能を予想しました。

iPhone13シリーズとiOS15への新機能導入を予想・提案

Tom’s Guideは、iPad ProやiPadOSに搭載された後に、iPhoneやiOSに導入された機能があるとし、新型iPad Proが搭載した新機能のうちiPhone13シリーズに導入される可能性がある機能を予想、導入すべき機能を提案しました。

 

センターフレーム対応フロントカメラ

 
1,200万画素のセンサーと122度の視野角を持つ超広角カメラがiPhone13シリーズにも搭載されれば、センターフレームが利用可能になります。
 
センターフレームが導入されれば、ビデオ会議時にユーザーを自動で追跡してくれるので、随時アングルを調整する必要がなくなります。

 

iPhone13 miniとiPhone13の最小ストレージが128GBに

 
Tom’s Guideは、64GBの最小ストレージ容量は実用性という点で不便になってきているとし、128GBに改めるべきと指摘しています。
 
iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxの最大ストレージ容量が1TBになると噂されていますが、iPhone13 miniとiPhone13の最小ストレージに関するリーク情報はまだありません。

 

「Apple Pencil mini」の提供

 
iPhoneのディスプレイサイズは以前に比べれば大きくなったので、「Apple Pencil mini」の提供を検討すべき時期にきていると、Tom’s Guideは考えています。
 
競合デバイスであるGalaxyシリーズは、Galaxy Z Fold3やGalaxy Z Flip3Sペンに対応すると噂されています。

 

iOS15にSplit Viewを導入

 
iPhone13 miniが搭載するであろう5.4インチディスプレイを除き、iPhone13とiPhone13 Proシリーズが6.1インチ以上のディスプレイサイズを備えるなら、iOS15にSplit Viewの導入を検討しても良いのではないかと、Tom’s Guideは実現に期待を示しています。

 

Touch ID内蔵電源ボタンの搭載

同メディアは最後に、新型iPad Proが搭載する新機能ではありませんが、「iPad Air(第4世代)が搭載するTouch ID内蔵電源ボタンがiPhone12シリーズにも導入されることを期待していたが実現しなかった」とし、iPhone13シリーズに搭載されれば、マスク着用が一般化している中で、ロック解除時の利便性が大きく向上すると記しています。
 
iPhone13シリーズには、ディスプレイ下埋込み型指紋認証センサーによるTouch IDが搭載されるとの噂があります。
 
 
Source:Tom’s Guide
Photo:9TechEleven(@9techeleven)/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる