トップページ > 最新情報 > Apple、AR/VRヘッドセットに15個のカメラモジュール搭載〜ミンチー・クオ氏
2021年4月15日 02時00分

読了まで 145

Apple、AR/VRヘッドセットに15個のカメラモジュール搭載〜ミンチー・クオ氏

Apple VR view


 
TF Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が、Appleが開発中の拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセットには、15個のカメラモジュールが搭載されると伝えました。

機能に応じたカメラモジュールを搭載

クオ氏によれば、15個ものカメラモジュールが必要な理由は、ヘッドセット外のデータ収集に加え、ユーザーの視線を正確にトラッキングすることに用いるためとのことです。
 
15個のカメラモジュールのうち、8個はARによるビデオ体験用に、6個が革新的な生体認証用に、1個が環境検出に使用され、オブジェクトの位置決めが行われると、同氏は伝えています。
 
クオ氏は、AR/VRヘッドセットは、ソニー製マイクロ有機EL(OLED)ディスプレイを採用、独立した処理能力とストレージを備えていることで、iPhoneなどと組み合わせず単体で動作すると説明しています。

WWDC 2021で対応する新OSを披露か

AR/VRヘッドセットは、2022年までに約1,000ドル(約110,000円)で発売される見通しです。
 
iSpazioは、AR/VRヘッドセット用の新OSが、世界開発者会議(WWDC2021)で発表されると予想しています。また、AR/VRヘッドセットだけではなく、Appleメガネも紹介される可能性があると同メディアは記しています。
 
 
Source:iSpazio
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる