トップページ > 最新情報 > BOEが2021年下半期に、マイクロOLEDパネルの供給開始か
2021年2月14日 10時00分

読了まで 136

BOEが2021年下半期に、マイクロOLEDパネルの供給開始か

Micro OLED Apple Glass


 
韓国メディアThe Elecが、中国BOEが2021年下半期(7月〜12月)に、マイクロ有機EL(OLED)パネルの供給を開始すると報じました。

画素サイズを微細化

The Elecによれば、BOEは雲南省との合弁会社である昆明BOE Display Technologyで、2018年からマイクロOLEDパネルを開発してきたようです。
 
同パネルは、ガラス基板ではなくシリコンウエハー基板を用いるため高解像度を実現しやすく、現在は約40マイクロメートル〜300マイクロメートルである画素サイズが、約4マイクロメートル〜20マイクロメートルまで微細化されるようです。

AppleのARデバイスもマイクロOLEDパネルを使用か

マイクロOLEDパネルは応答速度がマイクロ秒と優れているため、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)関連デバイスに最適だと、The Elecは解説しています。
 
Appleが開発中のARデバイスにも、マイクロOLEDパネルが用いられるとみられています。
 
 
Source:The Elec
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる