トップページ > 最新情報 > Appleメガネ、ホログラム機能を搭載し、ARで3Dオブジェクト表示可能になる?
2021年3月25日 11時00分

読了まで 137

Appleメガネ、ホログラム機能を搭載し、ARで3Dオブジェクト表示可能になる?

Apple Glass AD


 
Appleが、米国特許商標庁(USPTO)で2021年3月23日に新たな特許を取得、これが実製品に採用された場合、Appleメガネがホログラム機能を搭載し、拡張現実(AR)で3Dオブジェクト表示が可能になりそうです。

特許名「Scene camera」の内容

AppleがUSPTOで取得した特許、「Scene camera」には、Appleメガネを装着したユーザーに、「あたかもそこにいるような感覚」を提供するアイデアが記載されています。
 
Apple glasses patent 202103
 
特許には、ユーザーが見ている環境に奥行きを持たせるため、ホログラム機能のように3Dオブジェクトを表示するなどし、仮想空間を移動しているような錯覚を与えると記されています。
 
Appleメガネの表示は、ユーザーの動きに伴う3D環境に合わせて調整することが想定されています。

Appleメガネは2025年に発売か

TF Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏は、Appleメガネの発売時期は2025年と予想しています。
 
 
Source:USPTO via AppleInsider
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる