トップページ > 最新情報 > iPhone13 Proが超薄型放熱部品「ベーパーチャンバー」搭載、冷却能力向上か
2021年1月15日 18時35分

読了まで 150

iPhone13 Proが超薄型放熱部品「ベーパーチャンバー」搭載、冷却能力向上か

iPhone13 LTPO


 
アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone13シリーズの上位モデルは超薄型放熱部品である「ベーパーチャンバー」を搭載する可能性が高いと述べました。

「ベーパーチャンバー」を既にテスト中か

クオ氏によれば、AppleはiPhone13シリーズのハイエンドモデルの冷却機構として、「ベーパーチャンバー」を搭載するべくテストを重ねているようです。
 
超薄型放熱部品である「ベーパーチャンバー」は、5G対応に伴うチップや部品の発熱対策に有効な冷却機構になると期待されます。
 
「ベーパーチャンバー」は、RazerやAsusのAndroid OSを搭載したゲーミングスマホに採用済みとのことで、高負荷時の冷却能力向上が期待されます。

ハイエンドモデルであるiPhone13 Proシリーズに搭載?

iPhone13シリーズには、より高速なAシリーズチップ新しい5Gモデム120Hzリフレッシュレートディスプレイが搭載されると噂されており、これらは発熱を高める要因となることから、「ベーパーチャンバー」は有効に機能するかもしれないと、iPhoneHacksが説明しています。
 
Appleによるテストを経て、「ベーパーチャンバー」がiPhone13シリーズで採用されるか不明ながら、クオ氏は見通しは明るいと考えており、「少なくともハイエンドモデル(iPhone13 ProおよびiPhone13 Pro Maxか)に採用されることが期待される」と述べています。
 
 
Source:iPhoneHacks, MacRumors, 大日本印刷
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる