トップページ > iPhone Mania 独自記事 > 【レポ】Simplism iPhone12 Pro MagSafe対応クリアケース
2021年2月12日 21時20分

読了まで 259

【レポ】Simplism iPhone12 Pro MagSafe対応クリアケース

Simplism iPhone12 magsafe case_1


 
トリニティが2月5日に発売した、MagSafeに対応したiPhone12シリーズ用のクリアケース、「Simplism 【Turtle】MagSafe対応ハイブリッドクリアケース」を購入してみましたので、製品と使い勝手を報告します。

iPhone12 mini / 12 / 12 Pro用をラインナップ

Simplism iPhone12 magsafe case_7
 
Simplism 【Turtle】MagSafe対応ハイブリッドクリアケース」には、iPhone12 mini用と、iPhone12 / 12 Pro用の2種類がラインナップされています。価格はどちらも、税込2,970円です。
 
トリニティは、本製品の特徴について、下記の通り案内しています。
 

  • 純正MagSafe充電器やiPhoneレザーウォレット、その他MagSafeアクセサリーに対応
  • 背面のリング部分で4つのカラー展開
  • iPhoneの見た目になじむカラーデザイン
  • 背面にウルトラファインアクリル樹脂を採用
  • 表面硬度 5H
  • 落下時も安心の衝撃吸収ケース
  • 米国軍事規格「MIL-STD-810G」準拠
  • ボタン周りの凹凸もしっかり保護
  • ストラップホール装備

 
Simplism iPhone12 magsafe case_8
 
ケース背面のMagSafeラインは、「ブラック」「ホワイト」「ネイビー」「レッド」の4色が用意されています。

 

パッケージと同梱品

 
Simplism iPhone12 magsafe case_2
 
パッケージには、「クリアケース本体」「お客様アンケートの案内」「台紙」が入っています。今回は、「ホワイトライン」を購入しました。

 

ケース背面

 
Simplism iPhone12 magsafe case_3
 
背面パネルは「表面硬度5H ウルトラファインアクリル」を採用しており、透明度の高いものです。

 

ケース内面

 
Simplism iPhone12 magsafe case_4
 
MagSafe部分のリングの形状は、Apple純正の「MagSafe対応クリアケース」と同じです。

 

ストラップホール

 
Simplism iPhone12 magsafe case_5
 
装着した際に、本体右下になる位置には、ストラップホールがあります。

 

格安TPUケースとの比較

 
Simplism iPhone12 magsafe case_6
 
側面は、TPU素材となっています。これまで使用していたノーブランドのTPUケースは黄ばみ始めています。
 
スピーカーホールは右側のノーブランドTPUケースは本体に合わせて小さな穴が空いていましたが、本製品はスピーカーホールの部分全体がカットされています。カットされた部分は丁寧に仕上げられており、バリなどはありません。

使い勝手

本製品はMagSafe充電時はもとより、ノーブランドTPUケースでみられた、「Moshi Lounge Q ワイヤレス充電器」との間での位置調整のシビアさが解消され、充電位置の多少のズレがあっても問題なく充電されるようになりました。
 
装着後の見た目は「ホワイトライン」を選択すると、純正クリアケースにストラップを装着したような雰囲気になります。純正然としたクリアケースで、ストラップを装着したいユーザーには良い選択肢ではないかと思われます。
 
「Simplism 【Turtle】MagSafe対応ハイブリッドクリアケース」は、トリニティ公式サイト、Amazon、家電量販店で販売しています。
 
 
Source:iPhone 12 / 12 Pro [Turtle] MagSafe対応 ハイブリッドクリアケース/Simplism, iPhone 12 mini [Turtle] MagSafe対応 ハイブリッドクリアケース/Simplism
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる