トップページ > 便利グッズ > 【レビュー】Deffのアラミド繊維製ケース、薄さと軽さとフィット感に驚いた
2021年1月10日 13時30分

読了まで 419

【レビュー】Deffのアラミド繊維製ケース、薄さと軽さとフィット感に驚いた

「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー


 
Deff(ディーフ)から発売された、iPhone12シリーズ用のアラミド繊維製超軽量ケース「Ultra Slim & Light Case DURO(デューロ)」の特別仕様(スペシャルエディション)をご提供いただき、筆者のiPhone12 Pro Maxに装着して試してみました。

カメラ部分をしっかりカバーする超強度ケース

Deffの「Ultra Slim & Light Case DURO(デューロ)」シリーズは、航空機、パラシュート、大型建造物など高い信頼性を求められる用途にも使用されるアラミド繊維(デュポン社のケブラー)を採用し、高い耐久性・強度と軽さを両立しているのが特徴です。
 
なかでも、特別仕様(スペシャルエディション)はiPhoneのカメラ突起部分もカバーして、スッキリした外観を実現できるのが特徴で、これまでにiPhone11 Pro用iPhone11 Pro Max用iPhone SE(第2世代)用が発売されています。
 
iPhone12シリーズ用のスペシャルエディションは、iPhone12 mini用、iPhone12 Pro用、iPhone12 Pro Max用が発売されており、カラーはマットブラックとマットレッドが用意されています。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」
 
iPhone12用には、カメラ部分がオープンになったタイプのケースが販売されています。
 
今回は、スペシャルエディションのiPhone12 Pro Max用(マットブラック)の使い勝手や装着感を試した結果をご紹介します。

ケース表面の滑りにくい手触りも魅力

「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」のパッケージは、「DURO」のロゴが入った外箱は製品の姿がしっかりと見え、コーナーに貼られたステッカーにはワイヤレス充電対応、超軽量といった特徴がアピールされています。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
iPhone12 Pro Max用の重量は14グラムと表示があります。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
手にすると、まずはその軽さに驚かされます。表面は、光沢を抑えたカーボン調のデザインで、手触りは少ししっとりしていて、手に持った時に滑りにくいと感じます。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
筆者の手元にあるスケールで測ってみたところ、パッケージに記されているよりもさらに軽い、11グラムでした
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
裏面は、カメラ部分の突起をカバーするために窪んでいます。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
カメラをカバーする裏面の、LEDフラッシュとLiDARセンサーをカバーする部分には、ホコリの侵入を防止するためのリングが取り付けられています。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 

まるでケース非装着のような装着感

ケースの取り付け、パッケージ内に封入されたイラスト付き説明書に案内されているとおり、平らな面に置いたケースに、iPhone本体を軽く押し込むだけです。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
ケースが約0.7mmと非常に薄いので、装着状態のiPhone12 Pro Maxを持つと、ケースなしで持っているかのような感覚にとらわれます。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
しかし、ケース表面の触感のおかげで滑りにくく、ケースなしと比べて持ちやすさが向上しています。

 
カメラ部分は、レンズの突起がカバーされ、スッキリと見えます。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
画面を上にして机に置いて本体上部を押すとガタ付きますが、ケースなしの状態よりも改善されており、机に置いて文字入力をする際のガタ付きが気になることはありませんでした。
 
底面のスピーカー穴、Lightningコネクタは、高い精度でくり貫かれています。
 
ディスプレイ周囲の盛り上がりは小さめですが、四隅が他の部分よりも少し高くなっており、保護性能を高めています。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
スイッチ部分は、大きめに開いており、操作性が損なわれることはありません。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
なお、通信速度測定アプリで、LTEとWi-Fiの通信速度をケースの有無で3回ずつ測定して比較しましたが、通信速度への影響はみられませんでした。

MagSafe充電や固定能力、カメラへの影響をチェック

「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」は、MagSafe用のマグネットは内蔵していませんが、MagSafe充電器を使ったワイヤレス充電に影響はありません。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
MOFTの「Wallet Stand with MagSafe」を使って、iPhone12 Pro Maxを浮かせて使ってみたところ、画面上の操作なら問題ありませんが、本体側面のボタンで音量操作をする時は、手で支える必要がありました。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」 レビュー
 
当然、ケースなしやMagSafe対応ケース装着の状態と違ってマグネットの吸着力は低下しているので、iPhone12 Pro Maxを持ち上げるような使い方には向きません。
 
なお、広角、超広角、望遠の3つのカメラで、フラッシュのONとOFF、ナイトモード撮影でチェックしましたが、カメラへの影響は確認されませんでした。

使って感じたメリットと注意点

「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」を試してみて、メリットと感じたのは以下の3点です。
 

  • まるでケース着けていないかのような薄さと軽さ
  • iPhone12 Pro Maxの大きなカメラ突起がカバーできる
  • 表面の質感のおかげで滑りにくく、ケース非装着よりも持ちやすい

 
なお、MagSafeのマグネットを使ったアクセサリー類との組み合わせる場合、力が加わるような使い方をする際には注意が必要だと感じました。
 
「Ultra Slim & Light Case DURO スペシャルエディション」は、Deffの直販サイト楽天市場Amazonで購入可能で、各モデルごとの販売価格(税込)は以下のとおりです。
 
iPhone12 mini用:5,500円
iPhone12 Pro用:5,720円
iPhone12 Pro Max用:5,940円
 
 
参考:製品情報ページ
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる