トップページ > 最新情報 > ソフトバンクも2,980円の新プラン発表か、メインブランドの料金も刷新へ
2020年12月21日 22時06分

読了まで 224

ソフトバンクも2,980円の新プラン発表か、メインブランドの料金も刷新へ

SoftBank ソフトバンク ロゴ


 
ソフトバンクが月額2,980円で月間データ通信量20GBの新料金プランを2021年3月にも開始する、と日本経済新聞などが報じています。KDDI(au)とともに、NTTドコモの「ahamo」と同等のプランで対抗する構えです。

LINEモバイルを吸収し2,980円のサービス提供へ

日本経済新聞の報道によると、ソフトバンク新料金プランは、月間データ通信量が20GBで月額料金2,980円、1回あたり5分間の国内音声通話無料という設定に加えて、手続きをオンラインで完結させることも含めて、NTTドコモの「ahamo」と共通しています。
 
新サービスは、ソフトバンクグループのMVNO事業者であるLINEモバイルを吸収合併して提供する予定で、LINEユーザーの取り込みを狙っている、と伝えられています。
 
ソフトバンクは、12月22日に新料金プランの詳細を発表する予定とのことです。

メインブランドの料金も値下げへ

日本経済新聞によると、メインブランド「ソフトバンク」、サブブランド「Y!mobile」のプランでも値下げを検討している、とのことです。
 
ソフトバンクは現在、月間50GBのデータ通信量でYouTubeなどがカウントフリーとなる「メリハリプラン」を、5G対応プランは8,480円(各種割引前)、4G向けプランは7,480円で提供していますが、新料金プランの投入に合わせて、料金体系を刷新する方針とのことです。
 
既存の大容量プランの料金を見直す方針についても、NTTドコモが「5Gギガホプレミア/ギガホプレミア」として発表したプランに近い内容になることが予想されます。

大手3キャリアで新プラン提供へ

ソフトバンクとKDDIは、「携帯電話料金の値下げ」を重要政策に掲げる菅義偉政権の求めに応じて、10月にそれぞれサブブランドのY!mobileUQ mobileから新料金プランを発表しました。
 
しかし、サブブランドの新料金プラン発表に対して、武田良太総務大臣がメインブランドからの移行コストが高いことなどを問題視して「羊頭狗肉」と強く批判していました。
 
その後、NTTドコモがメインブランドの新料金プランという位置付けで「ahamo」を2021年3月に提供すると発表、KDDIも2021年1月に新料金プランを発表すると予告しています。
 
月額2,980円という料金は、第4のキャリアとして参入した楽天モバイルと同額であるほか、多くのMVNOサービスに近い水準です。
 
自社回線網が整備途上の楽天モバイルや、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供するMVNOが、大手キャリアの新料金プランにどう対抗するのか、業界の動向にも大きな影響を与えそうです。
 
 
Source:日本経済新聞, 共同通信
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる