iPhone13が、ProMotionディスプレイ搭載モデルを2つラインナップか

    iPhone13 ProMotion

    iPhone13 ProMotion
     
    韓国メディアThe Elecが、iPhone13シリーズにラインナップされる4モデルのうち2モデルには、リフレッシュレート120HzのProMotionディスプレイが搭載されると報じています。

    2モデルがリフレッシュレート120Hzパネル搭載

    同メディアの情報では、iPhone13シリーズにラインナップされる4モデルのうち2モデルが、リフレッシュレート120Hzが可能な低消費電力の低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)ディスプレイを搭載、タッチパネルは4モデル全てがオンセルタイプになるとのことです。

    2021年は最大約1億8,000万台のOLED搭載iPhone出荷か

    Samsung Displayは、2021年にiPhone13シリーズおよびiPhone12シリーズの合計で1億6,000万台〜1億8,000万台のiPhoneが販売されると見積もっており、そのうちの1億4,000万台分の有機EL(OLED)ディスプレイパネル受注を目標に掲げているようです。
     
    Samsung Displayは、LG Displayの供給数は約3,000万枚、残り約1,000万枚分の供給をBOEが担うと予想しています。
     
    対して、LG Displayは2020年見込みの倍増となる約4,000万枚のOLEDディスプレイパネル出荷を計画、Samsung Displayが約1億3,000万枚、BOEが約1,000万枚を供給すると予測しています。
     
    BOEは約2,000万枚のOLEDディスプレイパネルの供給を目指しているようですが、Appleによる品質確認試験で、2回続けて要求品質を満たせなかったことから、それが実現できるかどうかはまず2021年前半に予定されている再試験の結果次第だと、The Elecは伝えています。
     
     
    Source:The Elec
    Photo:Apple Tomorrow(@Apple_Tomorrow)/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次