2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone13、LG製LTPOディスプレイ供給で120Hzリフレッシュレート実現か

    iPhone13 ZoT

    iPhone13 ZoT

     
    韓国の電子部品業界に詳しいメディアThe Elecが、LGは2021年モデルのiPhone用にディスプレイ供給数を増加させる予定だと報じています。LGは、120Hzリフレッシュレートが可能な低消費電力の低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide:)ディスプレイの生産数を増やしており、これがiPhone13(仮称:2021年モデル)に搭載される可能性が高いようです。

    供給数とバッテリー消費の問題でiPhone12シリーズへの搭載を断念

    iPhone12 Pro Maxでは120Hzリフレッシュレートディスプレイを搭載した生産検証試験(PVT:Product Validation Test)段階のデバイスもあったようですが、最終的に、120Hzリフレッシュレートディスプレイと5G対応、消費電力の増加をもたらす2つの新機能のうちどちらか一方を選択する必要性が生じた際に、5G対応が優先されたために実現されなかったと、リーカーのジョン・プロッサー氏が報告していました。
     
    また、バッテリー消費の問題を解決するための、十分な数のLTPOディスプレイも確保できなかったようです。

    120Hzは無理でも、今よりも高リフレッシュレートのディスプレイ搭載か

    Tom’s Guideは、「The Elecの報道通りであれば、AppleはiPhone13に120Hzリフレッシュレートディスプレイを搭載する可能性が高い。120Hzではないにしても、現在よりも高いリフレッシュレートを持つディスプレイを搭載するかもしれない」と予想しています。
     
     
    Source:The Elec via PhoneArena, Tom’s Guide
    Photo:ZONEofTECH
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次