2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone(2022)用のA16はTSMCの3nmで製造〜20%超の効率アップ?

    iPhone13 Concept_14

    iPhone13 Concept_14
     
    Patently Appleが入手した情報によれば、iPhone(2022)用のA16は、TSMCの3nmプロセスで製造され、エネルギー効率が5nmプロセスと比較して20%〜25%向上するようです。

    5nmプロセスから性能向上

    iPhone(2022)用のA16は、TSMCの3nmプロセスで製造されることで、5nmプロセスと比較し、トランジスタ密度は15%、パフォーマンスは10%〜15%、エネルギー効率は20%〜25%向上するとPatently Appleが伝えています。
     
    Patently Appleによれば、TSMCの3nmプロセスを用いた試験生産は2020年内に行われ、2021年後半から同プロセスを用いた量産が開始予定とのことです。TSMCの3nmプロセスを用いたA16の開発状況に関し、2020年6月上旬に今回と同様の予想を、DigiTimesが伝えていました

    2024年には2nmプロセスに移行か

    10nmプロセスへの移行にも苦慮しているIntelに対しTSMCは順調に微細化を進めているようで、2024年には3nmプロセスから2nmプロセスに移行するだろうと、Patently Appleは予想しています。
     
     
    Source:Patently Apple
    Photo:Technizo Concept/YouTube
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次