2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    次世代Mac Proに自社製ワークステーション用GPUを搭載か?

    Mac Pro mini

    Mac Pro mini
     
    Bloombergが報じた、現行モデルの半分程度のサイズになるという次世代Mac ProについてWccftechが、そのモデルにはAppleの自社製ワークステーション用GPUが搭載されるのではないかとの予想を伝えています。

    発熱減少によりケースも小型化か

    Wccftechは、Appleシリコンは電力効率が高く発熱も少ないため、大きな冷却システムを搭載する必要が無いことから、ケースを小型化するのは難しくないだろうと予想しています。
     
    Appleは、A14Tとも噂されるAppleシリコンと共に、自社開発のGPU、コードネーム「Lifuka」を新型iMacに搭載すると予想されています。Appleが、現行モデルよりも小型の次世代Mac Proを開発している場合、ワークステーション用GPUも開発している可能性が高いとWccftechは推察しています。

    TSMCのN5でA14T、N5PでA15Tを製造か

    China Timesの報道によれば、TSMCの5nmプロセス「N5」ではA14X、A14Tが製造され、改良版の「N5P」では2021年からA15XやA15Tを製造する計画があるようです。
     
    そうした中で、Appleが次世代Mac Pro用の自社製ワークステーション用GPUの開発を行うのか注目です。
     
     
    Source:Wccftech
    Photo:A.J. Kandy/Medium
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次