Appleシリコン搭載のMacBook、チップ生産は2020年第4四半期に開始

    tsmc

    tsmc
     
    AppleサプライヤーのTSMCは、Appleシリコンに使用される5ナノメートル(nm)のウェハー(導体素子製造の材料)の生産を2020年第4四半期(10月〜12月)に開始する、と台湾DigiTimesが伝えています。

    ひと月あたり数百万のA14Xチップを生産か

    DigiTimesが業界関係者から入手した情報によれば、TSMCは毎月5,000枚〜6,000枚の5nmウェハーの生産を予定しているとのことです。
     
    1枚のウェハーから取れるチップの数は、チップサイズやウェハーの直径など、様々な要因によりますが、不良発生率にも大きく左右されます。
     
    Appleシリコン搭載のMacへの採用が見込まれるA14Xシステム・オン・チップは、ウェハーあたり数百は製造可能とみられており、生産数はひと月あたり数百万にのぼると予測されています。

    Appleシリコン搭載Macは1キロ以下に?

    Appleシリコン搭載Macは、軽量型の12インチMacBookとなる可能性が高い、と8月末に報じられました。
     
    12インチMacBookは、Retinaディスプレイを採用し、USB Type-C充電で、質量は1キロ未満になるとみられています。
     
     
    Source:DigiTimes via 9to5Mac
    Photo:TSMC
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次