2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    ちょうど9年前、スティーブ・ジョブズ氏がAppleのCEOを退任

    ティム・クック スティーブ・ジョブズ

    ティム・クック スティーブ・ジョブズ
     
    ちょうど9年前の2011年8月24日(日本では8月25日)、Appleの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏が最高経営責任者(CEO)を退任し、後任としてティム・クック氏がCEOに就任しました。

    Appleの未来をティム・クック氏に託したジョブズ氏

    スティーブ・ジョブズ氏は現地時間2011年8月24日、Appleの取締役会とAppleコミュニティにあてた書簡で、「以前から、AppleのCEOとして任務を遂行できない日が来たら、真っ先に知らせると伝えていました。残念ながら、その日が来てしまいました」と記し、自身の退任を伝えました。
     
    そして、「Appleの輝かしくイノベーティブな未来」を託す、自身の後継者として、最高執行責任者(COO)として腕を奮っていたティム・クック氏を指名しました。
     
    ジョブズ氏は、AppleがiPhone4sを発表したのを見届けるように、翌日の2011年10月5日に、56歳の短い激動の人生を閉じました。
     
    2017年9月 Appleイベント ティム・クックCEO
     
    ジョブズ氏の名を冠したスティーブ・ジョブズ・シアターのこけら落としイベントとなったiPhone Xの発表イベントの冒頭、クック氏は言葉に詰まりながら、「今もAppleにはスティーブの考えが息づいている」と偉大な創業者を振り返りました

    Appleの時価総額は2兆ドルを突破

    ティム・クックCEOは、Apple全体の取り組みとして環境保護を重視し、サプライチェーンの労働環境改善などに取り組み、ジョブズ氏とは違ったアプローチで、巨大企業となったAppleの舵取りを続けています。
     
    Appleの時価総額は、2018年8月に1兆ドルを突破し、2年後の2020年8月20日には2兆ドルを突破しています。
     
    最近では、米有力紙The Wall Street Journalがクック氏の人物像に迫る特集記事を掲載しているほか、昨年にはiPhone Maniaでも書評をご紹介した書籍「ティム・クック アップルをさらなる高みへ押し上げた天才」が出版されています。
     
     
    Source:MacRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次