トップページ > iOS > iOS14で標準ブラウザ&メールアプリになるための要件、Appleが開発者に公開
2020年8月4日 18時44分

読了まで 158

iOS14で標準ブラウザ&メールアプリになるための要件、Appleが開発者に公開

iOS14 ブラウザ
 
Appleは、iOS14で変更可能になるブラウザとメールの標準アプリについて、標準アプリとして利用可能になるための要件を公開しました。

初めてデフォルトのブラウザとメールアプリを変更可能に

iOS14では、ブラウザとメールの標準アプリを、純正の「Safari」「メール」以外のサードパーティ製アプリに設定可能になり、URLやメールアドレスをクリックした時の起動アプリを変更できます。
 
Appleは、ブラウザとメールの標準アプリとして利用可能になるためのアプリの要件を定めた開発者向けドキュメントを公開しました。
 
Apple iOS14 開発者向け ブラウザ メール 要件
 
開発者は、Appleが定める要件を満たしたうえで、申請する必要があります。
 
なお、iOS14の開発者向けベータ3では、標準のブラウザとメールアプリの変更には対応していませんが、実際に動作する様子を見たという米メディア9to5Macによると「設定」から変更可能になる模様です。

ブラウザ、メールアプリそれぞれに要件

Appleがブラウザおよびメールの標準アプリとして利用可能になるための要件(抜粋)は、以下のようなものです。

 

ブラウザアプリ

  • URL入力、検索用のテキスト入力フィールド、整理されたブックマーク機能を持つこと
  • 目的のWebページに直接、接続しコンテンツを表示できること。意図しないページやコンテンツに接続するアプリは要件を満たさない
  • ペアレンタルコントロール機能もしくはロックダウンモードを持つこと
  • セーフブラウジング、もしくはフィッシングなどの問題への警告を表示すること

 

メールアプリ

  • 有効なメールアドレスへのメッセージ送信ができること
  • メッセージの受信ができること
  • ユーザーがコントロールする、受信メールの選別機能は認める

 
 
Source:Apple via MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる