トップページ > 最新情報 > AppleのAppleシリコン戦略とは〜カスタムチップが製品ラインアップを変える
2020年7月7日 04時06分

読了まで 232

AppleのAppleシリコン戦略とは〜カスタムチップが製品ラインアップを変える

WWDC 2020 Apple Silicon シリコン
 
Appleは世界開発者会議(WWDC 2020)においてARMアーキテクチャ・ベースのAppleシリコンを発表、今後はIntelチップに代わり同チップをMacに搭載すると発表しました。
 
SonnyDickson.comは複数のソースから得た情報をもとに、AppleのAppleシリコン戦略について解説しています。

初代のAppleシリコン搭載機がエントリーレベルである理由

AppleはWWDCにおいて、初のAppleシリコン搭載Macは年内に出荷開始すると発表しました。アナリストのミンチー・クオ氏は新チップを最初に搭載するのは、「24インチiMac」と「13.3インチMacBook Pro」になると予想しています。
 
なぜ初のAppleシリコン搭載機は、エントリーレベルのiMacとMacBook Proなのでしょうか。
 
SonnyDickson.comによると、AppleはAppleシリコンである「A12Z」チップが、まだ開発初期段階であるにも関わらず、Mac miniで問題なく動作することをすでに知っています。開発者移行キット(DTK)として開発者に貸し出されている、A12Z搭載のMac miniのベンチマークスコアがその証拠だ、と同メディアは指摘します。
 
ハードウェアのみを考えると、Mac mini、13インチMacBook Pro、エントリーレベルのiMacにはそれほど大きな違いはありません。Appleはリソース面から考えて、新チップを乗せるのが比較的簡単なエントリー〜中レベルをスタート地点とすることに決めたのだろうと、SonnyDickson.comは記しています。エントリーレベルで成功すれば、コアを増やすなど、リソースを追加していくのはそれほど難しくないはずだ、と同メディアは続けています。

Appleは製品ラインアップのスリム化を計画している?

SonnyDickson.comが得た情報によると、AppleはAppleシリコン導入に伴い、製品ラインアップのスリム化も計画しているそうです。
 
同メディアが指摘するのが、Appleが独自設計しているAシリーズチップの「優秀さ」です。Aシリーズを搭載しているiPhoneとiPadには、熱を逃がすための通気孔も冷却のためのファンもありません。よりパワフルで、冷却機能が少なくて済むAppleシリコンを搭載した新しいMacBook(13インチ)の登場により、現在のように「MacBook Air」「MacBook Pro」と分ける必要がなくなるのではないかというのが、同メディアの予想です。

Appleシリコンの種類は少ない?

SonnyDickson.comによると、AppleはAppleシリコンを何バージョンも作らない計画のようです。例えば13インチMacBookにはチップを1個のみ搭載し、よりバッテリー容量の大きい16インチMacBookには複数搭載する、といった具合です。この手法はiMacなどにも適用される可能性があるとのことです。

 
 
Source:SonnyDickson.com
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる