トップページ > Mac > WWDC 2020でARMベースMac発表、2モデルが2020年秋以降に発売か
2020年6月22日 13時27分

読了まで 226

WWDC 2020でARMベースMac発表、2モデルが2020年秋以降に発売か

Apple MacBook Pro 13
 
Appleが世界開発者会議(WWDC 2020)で、ARMベースのプロセッサ を搭載したMacを発表し、2020年末から2021年初頭にかけて発売する、との予測を著名アナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

WWDCで発表、発売は2020年10月以降か

Apple関連の精度の高い予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏は現地時間6月21日、以前から噂されるARMプロセッサ搭載Macについての予測を発表しました。
 
クオ氏は、WWDC 2020でARMベースMacの計画が発表され、最初に発売されるARMベースMacは13.3インチMacBook Proと24インチiMacになる、と予測しており、4月にBloombergが報じた内容を認めた格好です。
 
ARMベースMacの発売は早くても2020年第4四半期(10月〜12月)か、2021年初頭になる、とクオ氏は予測しています。
 
同氏はそれぞれの製品について、以下のように述べています。
 

  1. 13.3インチMacBook Pro
    • 現行の13.3インチMacBook Proと似た外観デザイン
    • ARMベースモデル発売後、Intelベースの13.3インチMacBook Proは販売終了
  2. ARMベースiMac
    • 24インチディスプレイを搭載し、新しい外観デザインを採用
    • ARMベースiMacの発売前に、既存のiMacは、2020年第3四半期(7月〜9月)にリフレッシュされる

 
クオ氏は、2021年以降のMacは全モデルがARMベースプロセッサ搭載に切り替わるものの、全モデルの切り替え完了には12カ月〜18カ月を要する、とも予測しています。また、ARMベースMacの処理性能は、Intel製プロセッサモデルよりも50%〜100%高い、とのことです。

 

ミニLEDディスプレイ採用の相乗効果にも期待

クオ氏は、MacBookシリーズの具体的モデル名には言及していませんが、外観デザインを刷新しARMベースプロセッサを搭載したMacBookモデルの量産が2021年後半に始まる、と述べているほか、ミニLEDディスプレイを搭載した製品は2021年前半に発売される、とも予測しています。
 
2019年から始まったシザー式キーボードの採用、ARMベースプロセッサ、ミニLEDディスプレイが、向こう2年間におけるMacBookシリーズの競争上の優位につながる、とクオ氏は述べています。
 
同氏は、ミニLEDディスプレイはユーザー体験向上の効果が特に大きいだろう、との見立ても明かしています。
 
5月にクオ氏は、ミニLEDディスプレイを搭載したMacシリーズやiPadシリーズ製品が拡大するとの予測を発表しています。
 
 
Source:MacRumors, 9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる