トップページ > Mac > ARMチップ搭載Apple開発者向け移行キットのベンチマークスコアが登場
2020年6月30日 06時43分

読了まで 222

ARMチップ搭載Apple開発者向け移行キットのベンチマークスコアが登場

apple-developer-transition-kit


 
Appleシリコン搭載Mac向けアプリの開発を行えるよう、Appleが開発者向けに配布している開発者移行キット(Developer Transition Kit)のベンチマークスコアが、Geekbench上に登場しました。

早くもGeekbenchに登場

Appleは、Macが搭載するCPUをIntel製から自社開発のAppleシリコンへと切り替えるのに伴い、対応アプリ開発を支援する開発者支援プログラムを立ち上げ、その一環として、AppleのA12Z Bionic SoCをベースとしたMac開発システムの貸し出しを行っています。
 
DTKの筐体はMac miniですが、搭載しているCPUはA12Z Bionicで、Mac miniとは装備するポートなど仕様が異なります
 
本来はAppleとの秘密保持契約により公開されないはずのDTKのベンチマークスコアが、早くもGeekbenchに登場していると、米メディア9to5Macが伝えています。ただしGeekbenchソフトウェアは現段階ではまだAppleシリコン向けに最適化されていないため、AppleのRosetta技術を用い、仮想化して測定しています。

DTKのベンチマークはMacBook Air(2020年)と同レベル?

geekbench DTK
 
Geekbenchベンチマークスコアを見る限りでは、DTKのシングルコアは約800、マルチコアは約2,600という結果となっています。
 
ちなみにエントリーレベルのMacBook Air(2020年)のシングルコアは1,005、マルチコアは約2,000です。
 
9to5Macは、DTKのベンチマーク(Rosetta経由の場合)はMacBook Air(2020年)と同レベルだろう、と見積もっています。Rosetta経由の場合性能が低下すると考えられますが、どの程度マイナスになるかは不明です。一部の開発者は25%〜40%程度のパフォーマンス低下を導くと推測しています。

Appleシリコン搭載第一号は年内に出荷見込み

9to5Macが「興味深い点」として指摘しているのは、Geekbenchベンチマークスコアによれば、DTKが搭載するA12Z Bionicが4コアである点です。A12Zは本来、8コア構成です。
 
いずれにしてもDTKはあくまで現行アプリをAppleシリコン搭載Macに移植するためのツールであり、実際に販売されるAppleシリコン搭載Macははるかに高性能な製品になるだろうと、9to5Macは記しています。
 
AppleはAppleシリコンを搭載した第一号Macを年内に出荷すると発表しています。

 
 
Source:Geekbench,9to5Mac
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる