トップページ > 最新情報 > iPhone12(5.4インチ)のアスペクト比判明か?持ちやすいサイズで登場の模様
2020年5月19日 14時51分

読了まで 24

iPhone12(5.4インチ)のアスペクト比判明か?持ちやすいサイズで登場の模様

iPhone12 lineup


 
リークされた情報が正しければ、iPhone12シリーズは4モデル共通の画面アスペクト比になるようです。他のモデルと異なる画面アスペクト比になるのでは、との懸念もあったiPhone12(5.4インチモデル)も縦幅だけ変に長いモデルにはならず、初代iPhone SEを少し拡大したような、持ちやすいモデルになりそうです。

iPhone SE(第2世代)よりも縦に長いレンダリング画像

iPhone12 series size comparison
 
高品質のレンダリング画像を作成することで知られるEverythingAppleProが公開したiPhone12シリーズのレンダリング画像では、iPhone12 miniとも噂されてきた赤いカラーのiPhone12(5.4インチモデル)が、左のiPhone SE(第2世代)よりも背の高いモデルとして描かれていました。
 
読者からの指摘を受けたからか、EverythingAppleProはその後、iPhone12(5.4インチモデル)のスケーリングが間違っていたとし、修正した画像を公開しました。しかし、下記の修正後の画像でもまだ、iPhone12の大きさは、iPhone12 Max(6.1インチモデル)に近いように見えることから、「iPhone12はiPhone SE(第2世代)と本体の大きさは同じくらいなのか」との声もあがっていました。
 
iPhone12 EAP 05

アスペクト比は19.5:9、画面解像度判明で懸念解消か

iPhone12 purple
 
今回、iPhone12シリーズの画面解像度というリーク情報が伝えられたことで、この情報が正しければiPhone12のみ異なるアスペクト比を持ち、縦幅だけ変に長いモデルになるのではとの懸念も解消されそうです。
 
iPhone12は、iPhone SE(第2世代)よりも高さ7.1ミリ、幅3.56ミリ小型化され、69,800円で発売される可能性が高いと噂されています。
 
 
Source:Ross Young(@DSCCRoss)/Twitter via MacRumors
Photo:theapplehub/Twitter,EverythingApplePro (1), (2)
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる