トップページ > iPhone > iPhone12シリーズのディスプレイ、Samsungが4モデル中3モデル担当か
2020年5月19日 11時51分

読了まで 233

iPhone12シリーズのディスプレイ、Samsungが4モデル中3モデル担当か

iPhone12 6.1


 
2020年秋にリリース予定のiPhone12シリーズは計4モデルと考えられていますが、このうち3モデルの有機EL(OLED)ディスプレイ供給をSamsung Display(以下Samsung)が担当するとの観測が新たに浮上しました。SamsungとBOEがそれぞれ上位モデルと下位モデルで供給を二分するとの従来予測に一石を投じた格好です。

BOEが担当するのはiPhone12 Maxの一部?

これまでのリーク情報では、4種類のiPhone(価格の高い順に6.7インチのiPhone12 Pro Max、6.1インチのiPhone12 Pro、6.1インチのiPhone12 Max、5.4インチのiPhone12)のディスプレイについて、下位2モデル(iPhone12 MaxとiPhone12)を新規参入するBOEが、上位2モデル(iPhone12 Pro MaxとiPhone12 Pro)をSamsungが供給すると考えられてきました。
 
ところが、ディスプレイのサプライヤー事情に詳しいニュースサイトDSCCによると、Appleは“Pro”シリーズ以外に5.4インチのiPhone12についても、BOEではなくSamsungを起用する方針を固めているそうです。さらに残るiPhone12 Maxについても、メインとなるサプライヤーはLG Display(LG)であり、BOEは2020年内に500万枚〜1,000万枚ほどの量産に留まるとのことです。
 
SamsungとLGがOLED開発で先行しており、両社ともAppleへのOLEDの供給を現行で続けていることを踏まえれば、BOEの供給が限られた量になるとの指摘は、十分な説得力を持っているように思われます。BOEについて「iPhone12 Maxが首尾よく行けば、2021年に登場する5.4インチのiPhone12を任せてもらえるかも知れないと聞いた」とDSCCは述べていますが、仮に事実であれば、Appleにとって今回は“お試し期間”ということなのでしょう。

スペックと価格の一覧も登場

ちなみにDSCCは、従来のリーク情報と大きな違いはありませんが、iPhone12シリーズの大まかなスペックや価格も紹介しています。
 
いずれのモデルも最新のA14 BionicチップとOLED搭載、5G対応、ノッチ小型化は共通しています。
 
iphone12 シリーズ スペック
 
ただし、Y-OCTA(パネルとタッチセンサーが一体化した次世代OLEDで、タッチセンサーフィルムを別に用意する必要がなく、コスト削減と薄型化を見込める)が採用されるのはiPhone12とiPhone12 Pro Maxのみとなっている点は気になります。
 
LGとBOEがディスプレイを手掛けるiPhone12 Maxが従来型なのは分かりますが、iPhone12 ProはY-OCTAを開発したSamsungが担当するからです。Y-OCTAの歩留まりは高くないことから、供給できる規模が限られているのでしょうか。
 
 
Source:DSCC via AppleInsider
Photo:Twitter-thenorthglobe
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる