トップページ > 最新情報 > 中国以外のApple Store全店舗、新型コロナ対策で3月27日まで閉店
2020年3月14日 18時07分

読了まで 35

中国以外のApple Store全店舗、新型コロナ対策で3月27日まで閉店

Apple 新宿 ロゴ
 
Appleは現地時間3月13日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止策として、中国圏以外の地域にある全てのApple Storeを3月27日まで一時閉店することを発表しました。日本では3月15日から一時閉店となります。

3月27日までApple Storeを一時閉店

Appleは、ティム・クック最高経営責任者(CEO)からのメッセージとして、同社の新型コロナウイルスへの対応策を発表しました。
 
世界で最初に感染拡大が進んだ中国圏では、Apple Storeの一時閉店などの対応がとられていましたが、中国のApple Storeは3月13日までに営業を再開しています。
 
クックCEOは、中国のApple Store営業再開に向けて努力した従業員への感謝を述べたうえで、中国での対応から得られた知見として、ウイルス感染のリスクを低減するための効果的方策の1つは、人々の密集度を下げ、お互いの距離を確保することだと述べています。
 
そのうえで、Appleは中国圏以外のすべてのApple Storeを3月27日(金)までの期間、一時閉店すると発表しています。
 
閉店期間中は、Appleのオンラインストア、Apple Storeアプリ、サポートについては同社のサポートWebサイトを利用して欲しい、と案内しています。
 

 

日本国内の各店舗が3月15日からクローズ

Apple Storeアプリで見ると、日本国内のApple Storeでは、すべての店舗で「特別営業時間」として、3月15日から「クローズ」となっています
 
Apple Store 一時閉店
 
また、アメリカやフランス、ドイツなど、海外のApple Store各店舗も同様に当面の一時休業を発表しています。
 
Apple Store 一時閉店
 

全事業所の徹底した清掃などの対応を継続

Appleは、従業員に可能な限りリモートワークを推奨しているほか、すべての事業所で徹底した清掃を継続、Appleのオフィスでは新たに健康観察と発熱のチェックを行っています。
 
また、時間契約の従業員については、本人または家族が新型コロナウイルスに罹患した場合に有給休暇が取得できる対応が継続されます。

寄付額は16億円を突破

クックCEOは、新型コロナウイルスに対応する組織への寄付額が1,500万ドル(約16億円)に達したことも明かしています。
 
Appleは、従業員による寄付額に、その2倍の金額を加えて寄付を行っているそうです。

新たな事態には、新たな思考と新たな行動で

クックCEOは、第16代アメリカ大統領のエイブラハム・リンカーンのスピーチを引用して、メッセージを締めくくっています。
 

この時代は困難に満ちているが、我々はこれを機会と捉え、この時代とともに立ち上がらなくてはならない。新たな事態には、新たな思考と新たな行動をもって、対応しなければならない。

WWDCもオンラインで開催

Appleは、例年約5,000人の開発者を集めて開催していた世界開発者会議(WWDC 2020)を、初めてオンラインで開催すると発表したばかりです。
 
これまでに、Apple Storeで開催されるToday at Appleのセッションを中止しているほか、AirPodsやApple Watchの試着を制限するなどの対応も取っていました。
 


 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる