トップページ > iPhone11 Pro > iOS13で導入のダークモード、省電力の効果は?検証動画が公開
2019年10月21日 18時37分

読了まで 31

iOS13で導入のダークモード、省電力の効果は?検証動画が公開

ダークモード iOS13
 
iOS13で導入されたダークモードが、iPhoneのバッテリー持続時間にどの程度効果があるかを検証した動画が公開されました。ダークモードの省電力効果がはっきりと分かる結果が出ています。

iOS13の新機能、ダークモードの省電力効果は?

iOS13で導入されたダークモードは、画面を黒と基調とした色調に設定できる新機能です。
 
Apple iOS13
 
常にバックライトが発光する液晶ディスプレイ(LCD)に対して、黒の表示ではピクセルが発光しない有機EL(OLED)では、ダークモードの利用によって省電力効果があるとされています。
 
ダークモード 比較 PhoneBuff/YouTube
 
YouTubeチャンネルPhoneBuffが、iOS13をインストールした2台のiPhone XS Maxのそれぞれをダークモードオンとオフに設定し、ロボットアームを使って同じ操作を行った場合のバッテリー消費を比較した動画を公開しました。

 

1. メッセージ

最初は、メッセージの入力を2時間続けて、バッテリー残量を比較します。
 
ダークモード 比較 PhoneBuff/YouTube
 
結果は、ダークモードオンのほうがバッテリー消費が5ポイント少なくなっています。
 

  • ダークモードオン:88%
  • ダークモードオフ:83%

 

2. Twitterのスクロール

続いて、Twitterアプリで2時間スクロールを続けます。
 
ダークモード 比較 PhoneBuff/YouTube
 
2時間後のバッテリー残量は以下のとおりで、ダークモードではバッテリー減少が抑えられていることが分かります。
 

  • ダークモードオン:72%(-16ポイント)
  • ダークモードオフ:57%(-26ポイント)

 

3. YouTubeの再生

次は、iPhoneを縦にした状態で、YouTubeアプリで動画再生を2時間続けます。
 
ダークモード 比較 PhoneBuff/YouTube
 
2時間後のバッテリー残量は以下のとおりで、ダークモードのオンとオフでバッテリー消費に差が出ています。
 

  • ダークモードオン:43%(-29ポイント)
  • ダークモードオフ:20%(-37ポイント)

 
なお、YouTubeなどのサービスを提供するGoogleは、ダークモードを適用することでバッテリーが長持ちする、との検証結果を発表しています。

 

4. マップのスクロール

最後に、マップアプリで地図のスクロールを続けたところ、ダークモードオフのiPhoneは、1時間33分後にバッテリーが切れてしまいました。
 
ダークモードのiPhoneは、テスト開始から2時間後でも26%のバッテリー残量が確認できました。
 
ダークモード 比較 PhoneBuff/YouTube
 

ダークモードはバッテリーの節約に有効!

合計8時間、iPhoneを操作し続けた結果、ダークモードによって、バッテリーの消費をかなり抑えられることがわかりました。
 
ダークモード 比較 PhoneBuff/YouTube
 
PhoneBuffは動画の最後に、このテストは、ダークモードに対応したアプリだけを使ってディスプレイ輝度を200ニトに固定して実施しているため、使用するアプリや使用環境によってバッテリー消費は変化することに注意してほしい、と述べています。
 
動画はこちらからご覧ください。
 

 
なお、iPhoneシリーズでOLEDディスプレイを搭載しているのは以下のモデルです。
 

  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max

 
 
Source: PhoneBuff/YouTube
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる